« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月31日 (月)

どこまでもひとりを想うひとり 除夜

年越しという特別な一夜。あれもこれも除かれて、除かれて・・・、一番大切な人を想う夜。

今年は3月に川柳の師、時実新子さんが逝去され、「川柳大学」も終刊となりました。どんな風に川柳をつづければよいのか分からないまま、ふと始めたこのブログ。詠みつづけることの大きな励みになりました。お読みくださった皆さま、コメントをくださった皆さま、ほんとうにありがとうございました。

今年は、綾戸智恵コンサートで年越しです。・・・では、よいお年を・・・。

2007年12月30日 (日)

梅人参この娘とすごす年の暮れ

この次のお正月は、いっしょに過ごせない娘とおせち作り。忙しいけれど、おだやかな晦。

Photo_2おじいちゃんが畑から連れ帰った金時人参

モデル足!しかもセクシー!

2007年12月29日 (土)

傘捨てて雨の駅からやり直す

やり直すことは、はじめることより難しいかもしれない・・・。

さて、いよいよ年末・・・。今日やっと仕事納めだった。おせちの材料を買って帰宅。スーパーに「くわい」がなくて、3軒めの八百屋さんでやっと見つけた。結婚して初めてのお正月、私の作ったおせちに「くわい」がないとおばあちゃんが大騒ぎ。「男の子のいる家は、あれがないとあかん。芽がでえへんなる・・・」と。あまり美味しくないしなくてもいいやんと思いつつ、以来欠かさず入れてきた。二十数年もつづけると重箱に定位置もでき、独特の姿も味もお正月になくてはならない存在に思える・・・。

2007年12月28日 (金)

紙ねんどどんなかたちで終わろうか

どんな形がいいかしら?・・・・・・迷っていたら、ほらもう乾いてきたよ。そっとそ~っと伸ばさないと、乾いたときにひび割れるよ。乾いたら軽くなるからね。

2007年12月27日 (木)

取り返しつくことばかり墨を磨る

墨を磨っていると、不思議と気持ちが落ち着く。墨の香も大好きだ。墨で字を書くときの、やり直しのきかない緊張感がまたいい。

今年も失敗の多い年だった・・・。取り返しはつくだろうか?と、オロオロした日もあったけれど、どうにか収まっている(と思う)。母方の祖母の口癖は、「この世のことは、この世で収まる」だった。その後に「せんより百まし(しないよりずっといい)」がつくことも多かった。失敗を恐れず、半紙にたっぷり墨をふくませた筆をおろすように、日々を重ねていきたいと思う。

2007年12月26日 (水)

一筋のためらい傷をもつ林檎

朝、まだ冷たいリビングに入ると、キッチンの隅の林檎が香っている。傷のところから香っている。すぐにコーヒーの香りに消され、忘れられてしまう・・・。

2007年12月25日 (火)

ぐらぐらの首ネクタイで支えてる

きゅっと締めれば、一日はもつのだが・・・。忘年会帰り、ぐらぐらの首がいくつも電車に揺られている。

2007年12月24日 (月)

とろろいもとなまこからんでみたいのに

「あの人、なまこやねん」・・・「??なにそれ?」と娘。「からみづらい」と言うと、「なまこは可哀相やろ~、せめてとろろくらいにしたりぃや」ときた。なまこは私の大好物。からみづらいけど、好きな人なんよ。とろろの方が、後で痒くなったりしてやっかいだし。しかし、長いもとろろとなまこじゃ、絶対にからめないなぁ。まぁ、喧嘩にもならずに済むか・・・。

それにしても、世の中クリスマスだ。白熊みたいな犬が、三角帽子をかぶって散歩してた。スーパーでは、何にでもクリスマスシールが貼られていた。チーズちくわも、鍋焼きうどんもクリスマスたら、クリスマスなのだ。もう、バカボンのパパなのだ。

2007年12月23日 (日)

まっすぐな首まっすぐに落とす嘘

のどをまっすぐに落ちてゆく、白いうどんのような嘘をつく。誰も傷つけない、無邪気な嘘。だって、会いに行きたかったんだもん。

2007年12月22日 (土)

冬の月やさしい波に崩されて

パリンと割れそうな凍てついたお月さま。泣き場所をさがして、海へもぐった。ここなら大声をあげても誰にも聞こえないし、顔が濡れても気づかれやしない・・・。

やさしいやさしい波に、あやすようになでられて・・・キラキラのカケラを、青い波にこぼしてゆくお月さま。・・・崩れるよろこびに浸っていた。明日の夜は、きっと青い月・・・。

2007年12月21日 (金)

からまったままで穴から出られない

こんがらがっているときは仕方ないか・・・。

2007年12月19日 (水)

間違えた道まっすぐに進みゆく

役所の一つしかないATM、おばあさんの後ろに並んだ。おばあさん、操作を始めて、いきなり「まちごた、まちごた(間違えた、間違えた)」とあわててはる。ピ~ッ!『画面をよく確かめて正しく・・・してください。』・・・「まちごうたんや・・・」ピ~ッ!『画面をよく確かめて・・・』機械は容赦ない。と、おばあさん、やおら画面に顔を近づけたかと思うと、「ま・ち・が・い・ました!」と叫んだ!ピ~ッ!「画面を確かめて・・・」そらそうやろねぇ・・・。

おばあさん、くるっと振り返って「どないしたらええのん?」と聞いてくれた。「まちごうた言うてるのにねぇ」と、戻るボタンを押してあげた。キュートなおばあちゃんだった。

2007年12月18日 (火)

かなしい声あげて生まれる波もまた

まだ、母になる前のこと。私は婦人科に、一週間ほど入院していた。昼間はそう気にならないのだが、夜になると赤ちゃんの泣き声が耳について仕方がない。・・・ひどくかなしい声に聞こえるのだ。

ひとり渡った島で、一晩中波の音を聴きながら、あの夜の赤ちゃんの泣き声を思い出していた。

2007年12月17日 (月)

見たくないネットの淵をまた覗く

近寄らないほうがいいのに、つい覗いてしまう。なんだか冷たいなぁと思ったら、首まで浸かっていたり、溺れていたりする・・・。

2007年12月16日 (日)

私の宇宙に満ちる青い水

まるごと受け止められていると感じられたとき、清らかな水が湧き内なる宇宙が膨らむ。涸らしてはいけない青い水・・・。

2007年12月15日 (土)

引き返す今なら月の舟がある

今夜の月、舟みたい・・・。ずっと前、この句を詠んだときの月みたい・・・。

咲きそうになると大きな鳥の影

花びらがほどけそうでうずうずすると、にわかに光を遮る影。・・・またあの鳥?いいえ、わたしの葉っぱの影かもしれません。

2007年12月14日 (金)

試される淡い匂いを嗅がされて

今日こそ呑まないと決めていたのに、焼き鳥の匂いに・・・って、そんな話ではない。

微かな微かな偽りの匂い・・・まずは、落ち着いて深呼吸しよう。

2007年12月13日 (木)

よごれてもよい手と足で旅に出る

そろそろ年賀状を用意せねば・・・と、今年を振り返る。

今年は、ひとり旅から始まった。年末にいろいろなことが重なり、とにかくふっきりたかった。暖冬だったのに吹雪いたその日、ちいさな島へ渡った。ちいさな島で、川柳だけを書きとめていた。

・・・ほんとうは、ひとり珍道中のかなり笑える旅だった。どうしても、オチががついてしまう・・・関西人はかなしい・・・。

2007年12月12日 (水)

ぐらぐらのフェンス男の隠れ家の

男性は、秘密の場所やら、名無しの自分でいられる場所やらが好きらしい。それでいて、さみしくて、誰か来ないかと待ち侘び、ちいさな花や虫とでも心通わせたくて仕方ない・・・。

2007年12月11日 (火)

ふにゃふにゃになるまで噛んでいる明日

帰宅途中、先々月に開店したばかりの奄美大島料理の店をちらっとのぞいたら、お客さんがひとりもいない!思わず入ってしまった。呑んでしまった。

新しいお店の感じがいいと、軌道にのるまで気になって仕方がない。なんとか根付いてほしいとせっせと通う。甲斐あってか(ちゃうやろ!)パン屋さんも、お蕎麦屋さんも常連のお客さんがついて繁盛している。

がんばってほしいなぁ・・・。不安に明日が硬くなる日もあると思うけど、とりあえず焼酎でも呑んで、ミミガー、ティビチ、ゴーヤ・・・食べよ、食べよ!

2007年12月10日 (月)

やさしくそっとさみしいことをされている

誰の目にも明らかな意地悪よりも、やさしさを装った悪意は堪える。自分の受けとり方が歪んでいるのではないか?あのいい人にこんなことをされる私に原因があるのでは?と悩む。周りにもしんどさを理解されない。

人は点と点で結びつくと言ったのは、田辺聖子さんだったか?たまたまその人の、ちいさな黒子のような暗い一点と結びついてしまうときもあるのだろう。

2007年12月 9日 (日)

こころまでちいさくなった人の眉

久しぶりに会ったら、面やつれして顔つきが変わってしまっていた。余程しんどいことがあったに違いない。眉の険しさが痛々しい・・・。若年性痴呆を発病してからの、父の眉もかなしかった。力ないこころのままの眉だった。

2007年12月 8日 (土)

離したくない花を抱き凍る水

落ちてきた花に、心奪われた水。離したくない一心で、氷になって閉じ込めてしまった・・・。氷点へとむかう愛もある。

2007年12月 7日 (金)

半月の満ちてゆくとき欠けるとき

どっちがやさしいかなぁ・・・。

2007年12月 6日 (木)

水になるころにはきっと忘れてる

忘年会の余興で、「はっけよい~」みたいに1対1で、いきなり出された題で句を競う遊びに興じた。私の勝負の題は「水」。苦しまぎれのタイトル句。・・・たのしい忘年会だった。・・・そう、流れ出すときには忘れ始めているか、思い出も変わりつつある・・・。

2007年12月 5日 (水)

もうすこし私を待ってみるスタバ

このまま出社したら・・・、このまま帰宅したら・・・気分のとき立ち寄るスタバ。お気に入りの席が空いていたら、たいていコーヒー1杯ほどで私はやってくる。

2007年12月 4日 (火)

運命線にからまっている母の髪

太くて真っ黒な母の髪。もう、絡みついていないはずなのに・・・。これは感触が残っているのだろうか・・・?

2007年12月 3日 (月)

黙ったら合図になってしまうから

一瞬の沈黙もこわくて、しゃべりつづけた。欅の葉も、風に舞いつづけていた。ふいに風が止み、すべてが止まった。・・・そんな気がした。

2007年12月 2日 (日)

暗闇で閉じれば闇もその中に

昔の家の蔵の中に、代々の嫁入り道具の長持ちが並んでいた。女の闇が並んでいるようで怖かった。

2007年12月 1日 (土)

よく笑う壊れはじめているらしい

「声」がかなり気になる方だ。通勤電車の車内アナウンスも、「声」から容姿や性格を想像して、つい空想にふけったりする。好みで言うと、落ち着いた声に弱い。

ごくたまに自分の発した声に、嫌悪を感じるときがある。僅かに混ざる“甘え”の匂いを嗅ぎとったときだ。

人間の声には、職業とその人の精神構造が滲みこんでいる。(吉行淳之介「ダンディな食卓」)・・・らしい。そんな気もする。

そこからは誰かと電話で話し笑う声。あっちからは、テレビの声と笑い声。それぞれの部屋から出てこない笑い声・・・ほっとさみしい。

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

無料ブログはココログ