« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月31日 (月)

くるわせてふうっと消える桜闇

朝の桜はキラキラとおしゃべりなのに、夜になると寡黙で妖艶なさまとなる。ほの白い闇にぬくもりのあるものを誘い込み、生き血など吸って生きているようだ。

2008年3月30日 (日)

分けあえぬ水確かめて水の旅

つながってほどけて・・・やっぱりつながっている水。旅のおしまいは、流れにまかせよう。

2008年3月29日 (土)

いちめんの夕べの雪を踏み迷う

多分これが最後の家族旅行だろう。四年前まで、毎年夏と冬に訪ね来た高原の宿にきている。
夜になると、思い出が舞い落ちてくるかのように、ふわふわの雪が降りはじめた。宿のおじさん、おばさんと、子どもたちの思い出話にひとしきり笑う…。
この宿も今シーズンで閉じるかもしれないとか…。雪は朝まで降り止まなかった。

2008年3月27日 (木)

犬と犬みたいに心みせあった

恋愛小説は、田辺聖子さん。読むときはおもしろおかしくて、あとからじわ~っとさみしくなる。好みの川柳とも通じる。
お聖さんの描く男女は、時おり犬と犬がじゃれ合うように心を通じ合わせる。どちらか片方でも、人間らしいとダメ。二人ともが鎧をはずし弱い部分もさらけ出してこそで、さらには相性とタイミングといった“縁”的要素も不可欠のようだ。
これは若いもんの発情しているような状態と違って、ほんものの大人にしか味わえない恋の醍醐味だと思う。

川上弘美さんがお聖さんに、「こんなにいろいろな恋愛を書かれるには、相当恋愛経験がおありなのですね?」と、大胆な質問をしたら「深い恋をひとつ経験すれば、たいていのことは分かります」とおっしゃったとか。カッコイイ~!!
(月の子忌句会 兼題「こころ」 川田由紀子選)

2008年3月26日 (水)

ひとつずつ時計回りに捨ててゆく

うとうととうっとりは違う・・・いやいっしょかも・・・気持ちよくて自分を忘れそうで・・・などと考えながら、うっかりうとうとしていた。昼寝の寝起きはぼぉ~っと冷たくて、泣いたあとと少し似ている。

冬を少しずつかたづける。かたづけることは捨てることでもあって、決断力の弱っている昼寝起きには向かない作業だ。

(月の子忌句会 兼題「時計」 阿川マサコ選)

2008年3月24日 (月)

水のない川を流れて逢いにゆく

最初から、行き先は決まっていたのかもしれない。曲がりゆく川の流れに沿って、迷っていただけかもしれない。

2008年3月23日 (日)

おでかけの準備わたしを寄せ集め

家中に散らばっている私を集めて鞄に詰め込んで、ちいさな旅に出発です。行ってきます。

2008年3月22日 (土)

人肌の硝子を抱いて眠れない

腕の中の、やわらかくてあたたかな硝子。
・・・どうしたら強くなれるの?と、硝子は訊いた。
どうしたらなれるのかなぁ・・・、と髪をなでていたら、
いつの間にか硝子は寝息を立ててていた。
(月の子忌句会 兼題「硝子」 杉山昌善選)

2008年3月21日 (金)

三角定規の穴もさみしいなあ

退職前に机を整理していたら、三角定規が出てきた。 
まったく三角はとんがり放題でいいねぇ・・・。あっ・・・ど真ん中に穴!

もしかして三角・・・ほんとうはすごくさみしいでしょ・・・。
ね、宴会とかでバカ騒ぎしてるとき、さみしくない?・・・でしょ、やっぱりね。
中島みゆき好きでしょ。・・・え?ジョアン・ジルベルト?!わかる、わかる。ジャニス・イアン?いいね、いいね!
さみしいって、ちょっと好きだよね。・・・うん、かなしいとは違うもんね。

ねえ三角、あれからどうしてる?
三角のおかげで、句会で私の句が入選したんだ。
お礼にご馳走するから、今夜一杯どう?
(月の子忌句会 席題「三」 松田俊彦選)

2008年3月20日 (木)

五行目からあなたの声になる手紙

手紙の上手な人だった。手紙を好きになったのかもしれない。六通の手紙を、私は何度も何度も読み返した。
型どおりの時候のあいさつが終わり、五行目くらいから男の声が語り始める。ときに甘くやさしく、ときに熱く激しく・・・。
ある日、友人がラブレターをもらったとメールで知らせてきた。添えられた手紙の一節は、見覚えのある一節だった。名前だけが私の名ではなく、友人の名で。
翌朝、出社してすぐに手紙をシュレッダーにかけた。燃やすほどの未練も、破り捨てるほどの怒りもなかった。手紙は機械に呑まれ、言い訳する間もなく男の声も刻まれた。
(月の子忌句会 兼題「手紙」 中野文擴選)

2008年3月19日 (水)

満月光浴びる 愛しかないふたり

月しか祝福してくれるもののないふたり。
愛しかないのは、“今”を重ねるしかないこと。
圧倒的なさみしさと不安に浸りながら、刹那の真実に生きる。

2008年3月18日 (火)

鼻声の電車も春を追いかける

春の陽気に誘われて娘と出かける。駅に向かう途中の広場には、ポニーの花屋さん。あどけない顔のポニーが春の陽がうれしくて、うれしくて仕方ない風に足踏みをしている。空には飛行機雲が三本、まっすぐに伸びていく。

電車に乗ったら、車掌さんはどうやら花粉症。「つぎは~、あばがさき、あばがさき~(尼崎)」と言っていた。春・春・春・・・母娘ともにやっと春が感じられる日を迎えられた。

2008年3月17日 (月)

くちびるで話す 手のひらで話す

海月句会3月例会(いつしか例会になっている)
今日はボリビア料理を食べながら、ビール飲みながら。ボリビア料理以上に、刺激的な句が満開!

 油断した隙間にするりテレサテン

テレサテンの歌詞は嫌いなのに、鼻歌につい口ずさんでしまうときがあるのだとか・・・。
ほんとは一番よく歌っているのは、都はるみの「北の宿から」なのに、都はるみは6音だから・・・って。いや~そうそう、私も演歌は苦手なのに、「越冬つばめ」なんか歌うときあるもん。隙間にひゅるりよ~。

 世に残るひとりとなって逢いにいく

みんなが寝静まってから逢いに行くらしいが、みんな殺して行く勢い・・・。怖い・・・。川柳的!

2008年3月16日 (日)

シンジルコトバウタガウコトバガラスペン

娘の修学旅行のおみやげはガラスペンだった。私が以前、欲しがっていたのを覚えてくれていたらしい。桜の花びらの芯の部分のような上品な大人の薄ピンクで、かなり気に入っている。

ガラスペンで書くと、カリカリと音がする。使い慣れたことばも、、一つひとつがあたらしく響いてくるようでたのしい。

今日は、新子先生の一周忌記念句会でした。見る人が見たら、あの題のボツ句やな!とピ~ンとくるでしょう・・・。そんなんつくってたんや!とまぁ、おたのしみください。しばらく登場するかも・・・。

2008年3月15日 (土)

疎まれる正直すぎる鳩時計

正直すぎるのも生きにくいと思う。でも、そうしか生きられない鳩時計の鳩。いや、あの鳩は、自分が正しいと信じて疑っていないのだ・・・。だから、時に疎ましく感じるんだ。

2008年3月14日 (金)

こんな日に傘まで失くし水くらげ

前の職場を去った日も雨だった。駅の券売機のところに傘をたてかけて、いっぱいの荷物をまとめ終えたら、傘がなくなっていた。駅からどしゃぶりの中、破れそうな紙袋やら花束をかかえて半泣きで帰った。

今日も雨。今回の方が、退職することへの気持ちはラクだが、それでも最終日は複雑な心境で、やっぱりまっすぐには帰れなかった。寄り道をして駅に着いたら、携帯に会社から電話。トラブルが発生したので、対応して欲しいって?! えぇ~っ?辞めてんけど・・・と思いながら、あちこちに電話をして完了。ほっとしたら、傘を忘れてきてしまった。

さみしい日に、ついでのように傘はなくなる・・・。陣痛のときに、机の角で肘を打つように、ちょこっとさみしいが、ほんとうのさみしいを紛らわせてくれているのかな?

帰宅して、いただいた寄せ書きノートを開いたら、ある人から「傘を忘れないように」と書かれていた。単に忘れっぽいだけのことか・・・。

2008年3月13日 (木)

じゃがいももへこんだところから芽吹く

約束どおり芽がでるよ。凹んだところから、芽が出るよ、きっと。

2008年3月12日 (水)

知りすぎた傘はきれいに畳まれる

会社に忘れていた傘を持ち帰るつもりが、送別会会場に忘れてきた。いろいろな場所に置き去りにしては、迎えに行って連れ帰る傘・・・。あ~まただと思ってるだろうな。

2008年3月11日 (火)

ほしいもの何もないのに手を伸ばす

私は何がしたいのだろう?・・・仕事は、あと3日。

2008年3月10日 (月)

届きそうな指届かず うれしい

川で流してしまったサンダル・・・、掴みそこねた風船・・・。遠ざかるものを見送りながら、どこかほっとしたような、すがすがしさを感じていた。そんな感覚をふと思い起こす絵が、ムンク展にあった。

2008年3月 9日 (日)

ぬるい風つげ義春の石になる

似たり寄ったりの川原の石を並べ、石屋をはじめた「無能の人」。その石のひとつになったような、春の日。

2008年3月 8日 (土)

塗って塗ってわたしの赤を閉じ込める

県立美術館ムンク展での吟行に参加。2時間足らずで、観て句を詠む。慣れていないので、何がなんだか・・・で時間切れ。ムンク展はもう一度ゆっくり行きたいと思う。

もしかしてムンク氏は、マザコン?聖母のような女性に対する畏怖の念と憧れが強く、もちろん性愛の対象としての成熟した女性を求め・・・人生の師のような女性も認めつつ、一人の女性がそうした女性性をあわせ持つことは受け止め難かったのかな?という印象だった。解説もろくに読まずに走り観た印象なので、やっぱりもう一度ゆっくり観てみたい。

2008年3月 7日 (金)

月でいるなにがどんなに変わろうと

たいていの親は、子がどんな状況にあろうとも月のように見守っている。時には、細い光になったり、雲をかぶって隠れても・・・。

夕べは、泣いているであろうふたつの月をずっと思っていた。

2008年3月 5日 (水)

大丈夫もうこれ以上壊れない

近ごろ、“からだ”にとても興味がある。川柳は「ことば」で、「あたま」で詠む=つくるものと思っていたのだが、「からだ」を通して「ことば」が出てくるようなときがあり、そんなときの句が自分ではとても愛おしい。

今日、谷川俊太郎さんのこんなことばと出会った。『人間は、ものを感じたり考えたりして、そこからいくらでも抽象的なところにいけるわけでしょ?そして、難解な哲学やなんかをいろいろとやるんだけども。若いころは、それが頭だけでできてるって、僕は思いがちだったんです。「知性というのは頭だけである」と。だけどやっぱり、からだがないと、この自分が生きている世界を感じることができないと思うんです。』

・・・「ことば」がない時代から、からだとこころはいろいろ感じてきたはず。犬や鳥や魚のように。その、ことばにならない響きみたいなものに、やっと気づけたのかもしれない。

つい最近まで、随分からだをぞんざいに扱ってきたと思う。深く反省して、最近は労わるようにしている。そのせいでか、涙腺がめっぽう弱くなった。あんなに泣かなかったのに・・・。単にトシなのかなぁ?

2008年3月 4日 (火)

さよならに初めて泣いたさくら組

小学校の同窓会案内が届いた。35年ぶりだ!近頃は、同窓会の幹事代行ビジネスがあるらしい。早速、ネットに○○小学校用の掲示板が用意され、思い出写真館やら、出欠状況、尋ね人コーナーなど至れりつくせりだ。

5年生のとき転入したその田舎の小学校は、クラス名も、松、竹、梅、桜。私は、桜組だった。母は、女の子のスカート丈がみんな中途半端でいもくさいと、私に超ミニを穿かせ、おまけに長い髪に白いサテンの幅広のリボンを結び・・・かなり目立っていたと思う。それでも、いじめにあうこともなく、のんびりしたいい学校だった。

卒業式の日、式が終わって靴を履き替えるとき、急に切なくなって泣いてしまったことを覚えている。

2008年3月 3日 (月)

叫びたい喉に押し込む桜もち

苦しい状況にあるとき、自分の身に起きていることを小説として綴り始めた人がいる。それ以来、どんなに辛いことがあっても、ネタがきた!と思えるようになったのだとか・・・。それはいい!私にも橋田寿賀子ドラマの2~3本書けるというもの!と思ったのが大間違い。私の場合、書こうとするとどうしても自分が悪くなってしまう。自分を責めてしまう・・・。

それでまた今日は、みんな私が悪いのよ~っていうのは、一種の自己愛じゃないのか?と思ったり。ぶつかるのも折り合うのも、避けているだけで・・・。

とにかく娘よ、大人もしんどいんだよ~!!と、叫びたい今夜だった。ダイエットは、雨天順延明日からってことで、桜もち入り抹茶パフェ買ったよ。ひな祭りだし・・・。

2008年3月 2日 (日)

呪詛洩れる女雛の指のすき間から

それぞれの役割のかたちの指から、女たちのことばがとめどなく洩れ落ちる。それでも、雛人形はなんとなく好き・・・ぼんぼりの薄闇も・・・。そうだ!小さい頃から、さみしい色、さみしい曲、さみしい話、さみしい風景・・・私はさみしいもの好きだった。

2008年3月 1日 (土)

ほんとうもうそもあなたをかなしませ

老いた人から、手紙は届いたかと聞かれた。まだだと言うと、口ではうまく言えない気がしたので手紙を送ったのだけれど、・・・のお願いをしたいのだ・・・・・・とつらつらと言われた。私には、そのお願いをきいてあげることはできないと分かっている。困ったなぁと思いながら、鰤のアラを料理していたら、包丁で指を切った。その場をやり過ごすために、アラ~の精が助けてくれたのかもしれない。痛いけど。

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

無料ブログはココログ