« 踏んだかもしれない 足跡濡れている | トップページ | 豆を手に鬼の出方を待っている »

2009年2月 1日 (日)

そうしていつか からっぽの石舞台

アニメ映画「つみきのいえ」を観ました。
水没してゆく場所で、積み木を積むように、部屋を積み重ねて生きてきたおじいさん。ある日落としたパイプを拾うために、過去の部屋に潜り、記憶を辿ります・・・。

たった10分ほどの、無声のアニメに涙がこぼれてしまいました。
前日から、泣く子と黙る子に胸を痛めていたせいもあったかもしれません。

不器用に積み上げてきたもののうえに今の私があって、そのひとつひとつにかけがえのない人との出逢いがあって・・・あ、まだだめだわ・・・。
DVD観たい方は、お貸しします。

« 踏んだかもしれない 足跡濡れている | トップページ | 豆を手に鬼の出方を待っている »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 踏んだかもしれない 足跡濡れている | トップページ | 豆を手に鬼の出方を待っている »

無料ブログはココログ