« 待ちきれず夜を駅まで迎えに行く | トップページ | こぼさぬよう息を殺してわらう梅 »

2009年2月16日 (月)

紅をさす 死後も消えないかもしれぬ

スーパーを出たところで、憧れの人とばったり出会って飲みにいく。
表現にかかわる仕事をしているその方にやっといろいろ聞けたのに、舞い上がってピッチが速くなりあまり覚えていない・・・。

ひとつのことを伝えようとすると、それは祈りのようになりますね・・・という私に、間髪入れず「我慢」だと言われた。*卑しいことをしない *キレイなことをしない のだそうだ。(これはメモをした) 作品を大切にするということに、漠然と感じていたことを明快に示してくれた。

昨日は、30年ほど前の古い映画を観た。色が退色しているのだが、赤が強く、黄はかろうじて残り、青が失われていた。人の記憶とも通じるものがありそうでおもしろい。

« 待ちきれず夜を駅まで迎えに行く | トップページ | こぼさぬよう息を殺してわらう梅 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 待ちきれず夜を駅まで迎えに行く | トップページ | こぼさぬよう息を殺してわらう梅 »

無料ブログはココログ