« 紅をさす 死後も消えないかもしれぬ | トップページ | ひらかんとさいごの花の声あげて »

2009年2月17日 (火)

こぼさぬよう息を殺してわらう梅

盆梅というのは、どうも苦手。
つくられた美しさは、やっぱりかなしい。

大好きな宮沢りえちゃんが結婚するのだとか。しあわせになってほしいなぁ。
中森明菜ちゃんと宮沢りえちゃんは、母(家族)の呪縛でしあわせになれない典型とみていた。りえちゃんは母から自立して、わたしを生きて素敵になった。明菜ちゃんは、どうも被害者意識にとらわれてる感じ。(人のこと言えるか?)

昨日の記事を訂正しました。表現(作品)を大切にするための「我慢」は、卑しいことをしないと、きれいなことをしないでした。ご指摘をいただきメモを見たら、とんでもなくバラバラな字で、「キレイしない」と書いていた。きれいとうつくしいは、違います。うまく説明できないけど。

« 紅をさす 死後も消えないかもしれぬ | トップページ | ひらかんとさいごの花の声あげて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 紅をさす 死後も消えないかもしれぬ | トップページ | ひらかんとさいごの花の声あげて »

無料ブログはココログ