« 猫の尾も夜の深さにふれている | トップページ | 言い過ぎて複雑骨折したクラゲ »

2009年4月16日 (木)

神も棲む木造モルタル二階建て

「くねる」と同時期に、歌人、今橋愛さん、雪舟えまさんの2人が、一年だけの同人誌「Snell(すねる)」を発行するというので申し込んだ。
こちらは、すでに4号・・・どんどんおもしろくなっていく。短歌以外に、小説、エッセイ、日記、・・・と、実に多才。中でも、今号のえまさんの俳句に惹かれた。

 月経の上に眠って冬終わる
 出会うものをすきになりたい犬ふぐり
 踏切をわたる足首噛まれそう
 われわれは出来上がりません春の泥
 吉方位南西とあり夫を抱く
 サードオピニオン加湿器抱きしめる
 とうきょうの雪はあて名を滲ませる
 シベリアは母の寝室のあだ名なり

(「Snell」 Vol.4  Snell発行所)

みずみずしい感性だなぁ・・・。
「くねる」もがんばらねば・・・。次は若々しく「はねる」・・・重厚に「うねる」・・・いっそ「ごねる」・・・(タイトルちゃうやろ!)

« 猫の尾も夜の深さにふれている | トップページ | 言い過ぎて複雑骨折したクラゲ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 猫の尾も夜の深さにふれている | トップページ | 言い過ぎて複雑骨折したクラゲ »

無料ブログはココログ