« 引き摺った影の頭がすり切れる | トップページ | 父滲む三方金の皮手帳 »

2009年6月11日 (木)

適当に嫌い合ってる葱と味噌

読みはじめたばかりだけど、おもしろい!

本書で私がつかんだこと、それは「嫌い」という感情は自然なものであること。そしておそろしく理不尽なものであること、しかもこの理不尽さこそが人生であり、それをごまかしてはならないこと、このことです。 『ひとを<嫌う>ということ』(中島義道 角川文庫)

家庭内で妻と子に嫌われたことから、「嫌い」が人生最大のテーマになったのだとか・・・。
嫌われることをこわがらなくてもいいんだ。
人はゆえなく人を好きになり、ゆえなく嫌いにもなる。そうだ、そうだ。

« 引き摺った影の頭がすり切れる | トップページ | 父滲む三方金の皮手帳 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 引き摺った影の頭がすり切れる | トップページ | 父滲む三方金の皮手帳 »

無料ブログはココログ