« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

年を越すひょいと文庫をまたぐごと

本はとても大切にしている。
でも床に散らばっているときもある。
その本を、あらっ!とまたぎ越すように、
新しい年へ・・・。

今年も、つらつらと綴ったよしなしごとを
お読みいただきありがとうございました。

今年もあとわずか・・・どうぞよいお年を。

2009年12月30日 (水)

年の瀬をはみ出す髪を切りそろえ

やっぱりおせちは、田作りもなますも微妙に味が違う・・・。

深夜にやっと年賀状を作成。
さて添え書きを・・・と思いきや、2009.1.1!!!
ありえないビッグミステイク!

明日は落ち着いてがんばろう・・・。

2009年12月29日 (火)

冷え切った懐炉 男の最後かな

今年最後の仕事が終わった。
今年最後の手紙を書いて、
今年最後の風邪薬(のつもり)
もうすぐ今年最初のがはじまる。

一番最後と一番最初は、ちょっと気合が入る。
恋も・・・たぶん。

前に、友だちが、最初の男(女)になりたいか、最後の男(女)になりたいかという質問をすると、たいてい男は最初を、女は最後を選ぶと言っていた。
やっぱり男は常に過去を引きずり、女は断ち切っていくからかしら。
そういえば、短詩文芸でも、過去の作品を推敲して再発表するのは、男性に多い気がする。

2009年12月28日 (月)

おぼろ月こんややさしくしないでね

言ってみたいな、そんなこと。

うれしいことばが届いた。
納得のことばをもらった。
笑顔がきてくれた。
なんで一度にくるの~?
蒸しパンみたいにふくらんでる、わたし。

2009年12月27日 (日)

口すすぐ捩れた水を手に掬い

黙っているために、夜の街をすこし歩いた。
お酒が入って、崩れかけた人が大勢いた。
月も、滲んでいた。
誰もいない家に、急に帰りたくなった。

2009年12月26日 (土)

キラキラの向こうに音もなく沈む

料理はさほどマメでもないし、得意でもないが、料理の本と料理教室が大好き!花のOL時代は、某ホテルの料理教室に3年、個人の自宅で開いていらっしゃる料理教室に1年通った。

結婚した年に、その名も「おせち料理」というまるごとおせちの本を買って、料理教室のレシピと合わせて、見よう見まねでおせちを作ってきた。
6~7年は、いろいろ作ってみては、人気のないメニューを入れ替えたり、味をアレンジして、ほぼメニューも固まった。買い物リスト、料理手順、レシピにもいろいろ書き込んで、おせち本にはさんで、“おせちバイブル”として使いこんできた。
そのおせちバイブルが・・・行方不明。毎年、実家で作って、お正月が終わったら持ち帰っていたのに、去年は実家に置いておいた。捨てはしないとみんな言うけれど、出てこない・・・。ショック~!あ~、作れるのだろうか?何しろ、一年に一度のことなので、手順も分量もうろ覚え・・・。

年の瀬に、うろたえています。

2009年12月25日 (金)

のみこんでふくれつづけていることば

クリスマスだというのに、お好み焼き!
夕べの残り物の、ラザニア。
デザートは、娘からのプレゼントの「御座候」(関東以北の方へ注:どら焼き)。
なもんや。・・・失礼しました。(同じく注:こなもん=小麦粉食品)

皆さまも、安らかな聖夜をお過ごしくださいませ・・・。

2009年12月24日 (木)

キラキラを外して泣けばいい 泣けば

*業務連絡*

くらげの皆さま、お疲れさまでした。

リクエストをいただきました「大根漬け」レシピです。
これは、佐賀の実家のご近所のおばあちゃんに教えていただきました。
<材料>
・大根 1本 (7~8ミリのいちょう切り) *昨日は丸大根1個でした
<漬け汁材料>
・砂糖 1カップ
・醤油 1カップ
・酢   0.8カップ
・土しょうが(千切り) 少々
・だし昆布(細切り) 少々 *ぬらしてキッチンばさみでちょんちょん
・鷹の爪(輪切り) 少々  *同じくはさみが便利
・みりん 少々

<作り方>
①鍋に、漬け汁材料を入れて沸騰させる。
②大根を入れて、汁になじんだところで取り出す。
③もう一度、漬け汁を沸騰させて大根を戻して火を止める。

これだけです。一度大根を取り出して、沸騰させて戻すところがミソのようです。漬け汁の味はお好みで、加減してくださいね。
うちのおじいちゃんの、冬の常備菜です。おじいちゃんは、大根漬けのために畑で大根を作っています。私は、週に一度作りに行きます。

キラキラの街路樹も、あと少しの辛抱です。

2009年12月23日 (水)

ふゆといふくちびるふいにほしくなる

子どもたちが幼いころ、NHKみんなのうたで「はる なつ あき ふゆ あいうえお」という曲が流れていた。ちょっとさみしいメロディで、好きだった。

はるなつあきふゆあいうえお
作詞:小椋佳 作曲:小椋佳

はる ねむさに めをこすり
なつ ひやけ そらへとせみ
あき まちの うたもかれて
ふゆ しろく おいぬほえよ わん

はる すみれを えりによせ
なつ さやと ねむのめおち
あき そらへ ほしもひろう
ふゆ こいぬ かけてくまた わん


「ふ~ゆ~」と歌うときの、子どものくちびるがなんとも愛らしくて、ふゆにさしかかると顔をのぞいた。

・・・サイドボードのちいさなガラス細工のクリスマスツリーに、陽が差している。

2009年12月21日 (月)

指いっぽんが触れて 動けなくなる

大掃除のあと、すっぴんのまま買い物へ。忙しい時期だから、誰も人のことなど構わないだろうと思っていたら、ぎゃっ、見つかった~! 
すっぴんどうしだった。よかった!

帰り道、おばあさんが近寄ってくる。
「すんまへん。ニトロはどこでっか」
「えっ?ニトロですか?」(くるしいの?)
「はぁ、敷物やら売ったあるとこ・・・」
「それは、ニトリ!」
あぁ、よかった、よかった!

2009年12月20日 (日)

揺れるものなく 島の礼拝堂

大掃除も残すところ、食器棚と冷蔵庫の中と、自分の部屋のみ。
句会もあとひとつ。忘年会もあとひとつ。
年賀状は、元旦に間に合うだろうか?たぶん無理だろうな。

来年は、このブログをどうしようかな?と思案中。
句のみ? 週1? 
気まぐれな感じに挑戦してみたい気もしたり。

さ、明日もさくさくあれこれかたづきますように。

2009年12月19日 (土)

お仕置きのようにあいしてあげようか

車一台が通れるくらいの道で、前から若いカップルがきた。
女の子は、ポケットに両手を入れてうつむき加減。男の子は、携帯で話している。
「分かりますよね。次は僕、殴りに行きますよ」
すれ違うとき、はっきり聞こえた。落ち着いた声で、とても丁寧な口調だった。

彼女のために・・・だろうな?相手は、彼女の先輩?バイト先の上司?
二人とも、やっかいなことになったと思う半面、ドラマチックな展開にうっとりしていたりするのかな?彼女は、寒空の下で彼が白い息を吐きながら電話したことを、ずっと忘れないでいるのかな?
とにかく物騒なことになりませんように・・・。

2009年12月18日 (金)

ゆるゆるの巻き寿司 そんな家族だわ

電車の中や、歩きながら、ずっとひとり言をつぶやいている人がいる。たいてい怒っていたり、嘆いていたり。陽気なつぶやきは聞いたことがないねという話を娘にした。

「あっ、桐ちゃんアブナイで。いっしょに歩いてたら、ひとりでしゃべってるもん」と言われるが、自覚がない!
なんでも、私は「**やって」と、自分の目についたものを、紹介するらしい。しかも、それは97%食べ物らしい。「とれとれ市場やって」。「まぼろしのクリームパンやって」。という具合。しかも、時々余計なこともしゃべるらしい。「馬刺し、一皿700円やって。馬刺しおいしいよな~。鹿もいいけど、やっぱり馬かな・・・。あ~でも、馬で鹿だと順番わるいな・・・」てな具合らしい。・・・なんちゅうくだらなさ!

ひとりのときは、つぶやいてないはずだけど・・・。商店街やショッピングモールを歩くときは、気をつけなければ!

2009年12月17日 (木)

桃に種わたしにひとつある こころ

湯たんぽを買った。
ピンクのふわふわ羊のカバーもついていて、あったか~い。
からだが冷えると、こころもきゅっと固くなります。
皆さん、あっためましょう!明日も寒そうですよ。

2009年12月16日 (水)

くれなゐを肺いっぱいにつめ帰る

自転車が歌いながら近づいてきた。
おじいさんが、荷台にお孫さん(?)を乗せている。

♪おててつないで みなかえろう
 からすと いっしょに かえりましょ~

思わず2番を歌った。

♪子どもが かえった あとからは
 まるい大きな お月さま
 小鳥が夢を 見るころは
 空には きらきら 金の星

この冬、はじめての熱燗を飲んだ。
寒いのも悪くないなぁ。
さぁ、どのカラスといっしょに帰ろかな~。

2009年12月15日 (火)

わたくしのほぼ真ん中にあいた穴

13日にコメントをくださった「神経症」さま。
コメントを一読、気が動転して削除してしまいました。大変失礼いたしました。

私の句の「片手」という言葉に哀しくなられたとのこと。不快な思いをおかけして、ほんとうに申し訳ございませんでした。

二日間かんがえました。
「片手」というのは、片方の手という意味で使った言葉で、差別的な意味はまったく含んではいません。それでも、その言葉自体に、痛みを感じる方がいらっしゃるということは、しっかり受け止めました。心に留めておきます。貴重なご指摘をいただき、ありがとうございました。
これからも、言葉が凶器にならないよう、知らず知らずに人を傷つけることのないよう、充分に気をつけたいと思います。

ただ、匿名での端的なコメントには、私も痛みを覚えました。匿名には怖い思いをした経験があり、つい身構えてしまいます。何度も何度も読み返して、善意だと信じようと思いました。次回は、ハンドルネームかお名前でいただけるとうれしいです。

2009年12月14日 (月)

客人にさみしいはなしする鴉

鹿王院の舎利殿の一番高いところで、カラスは声を張り上げていた。
わたし、わたし・・・と、どうしても聞いてほしいらしかった。

2009年12月13日 (日)

林檎の香 むやみに人を遠ざけて

同じ方向に帰る人から声をかけられたけれど、買い物があるので・・・と断った。
はやく一人になって、ゆっくり考えたいことがあったから。

昨日、ちいさい人にもらった林檎といる。
冬の空気に林檎の香りは、よく似合う。
なつかしくて、さみしくて。

2009年12月12日 (土)

半分は四万十川になった母

どんなに遠く離れていても、待ってくれている扉のように、
ふるさとの川はあるのかもしれません。

2009年12月11日 (金)

眠りなさい忘れなさいと溶けてゆく

句のタネあかしは、あまり良くないかもしれないけれど、昨日の句のこと。

散歩会で訪ねた鹿王院で、手袋が片方落ちていた。手を探しに、五本指が今にも歩き出しそうな形だったので、しばらくそっと見ていた。見ていると動かないかもしれないので、少しよそ見をしているふりもしてみた。視線を戻すと、動いたような、動いていないような微妙さだった。

今日は、また電車に傘を忘れてしまった。私の傘も、私を探していないだろうか。愛想をつかして、もう探してもくれないかも。

2009年12月10日 (木)

赤い実の先に片手が落ちている

ピカソとキリコは早い時期に表現を捨てたから生き延びられた。***(名前を忘れた)は、美術評論家の評価の枠に取り込まれてしまったが、ピカソは表現(芸術)を捨てることで、変化させていくことができた、というようなことを横尾忠則さんがおっしゃっていた。

今日、川柳について似たような話を聞いた。結社、柳社のなかで、そこのカタチやルールに合わせて川柳を詠むようになると、変われなくなるというお話だった。
ほんとうの自分にたどり着くためには、評価されたいとか、褒めてもらいたいとか、分かりやすい欲を捨てることかなぁ?

吉祥寺教会、気に入ってたんですが、あまりに読みにくいので、「bar kiriko」に戻しました。

2009年12月 9日 (水)

一通のメールひらいてからの咳

今日の句会で、ご年配の男性が、電車内で化粧をした若い女性がまるで別人のように化けたことを驚いておられた。

私も見た。小さな手鏡で一心に目の化粧をしていた。ご本人は目の部分しか見ていないが、こちらは顔全体が見える。
アイライナー、つけまつげ、マスカラ・・・と、目玉をひんむいたり、白目をむいたり、かなりこわい。佳境に入ると口は半開き、鼻の下がびよ~んと伸びて、くしゃみを我慢している馬みたい!
おもしろいけれど、見ているほうも恥ずかしかった。人前で着替えているようなものだと思うよ、お嬢さん。

さて、メールもいろいろ運んできます。ご用心を!

2009年12月 8日 (火)

箱入りのさくらういろうです わたし

昨日は、川柳の最大結社「番傘」のゴッドマザー、田頭良子さんの半寿(81歳)と句集出版をお祝いする会に出席させていただいた。
良子さんの主宰する句会に二度ほど参加させていただいたご縁だが、句会案内のはがきを毎回いただく。はがきには必ず手書きで、添え書きがされている。きちんと一人ひとりにむけてのメッセージだ。なかなかできることではないなぁ・・・といつも感じ入っていた。
はっきりとものを言われる方なので、お祝いのことばでも「きつい」「いけず」「毒舌」と大阪ならではの賛辞(?)を浴びていらっしゃったが、間違ったことは言われない、懐の深いあたたかい方だと思う。そのお人柄で175名もの人が集まっていた。

タイトル句は、番傘の双璧、森中恵美子選「ピンク」に出した一句。お二人へのあいさつ句のつもりだったが、披講のときに恵美子さんは「私は黒い羊羹です!」とおっしゃった!
とにかく、川柳の女性は元気!

「ピンク」のもう一句は、
  ときどきはピンクを零すおじいさん  桐子
川柳の会には、そんなおじいさんもいっぱい?!

2009年12月 7日 (月)

さよならをゆるゆるまわる観覧車

決心には、ある程度勢いがいる。
ゆるゆるでは、永遠に決められない・・・。

いそがしいこの時期に、寝込むほどでもない風邪がすっきりしない。
ゆるゆる風邪もやっかいだ。

2009年12月 3日 (木)

還暦の赤えんぴつの削りかす

地図で確認するも、三度ばかり辿り着けなかった場所にやっと行けた。というか、偶然行き当たった。
しかも、今日はそこに四度目のチャレンジの予定だった。
「辿り着けない方がむずかしいやろ」と、娘にはさんざんバカにされたが、今日が出会いのタイミングだったのね・・・とうきうきする私。
店の名は・・・やめとこう。駅から大きな看板も見える・・・さすがに恥ずかしい。

2009年12月 2日 (水)

巻き戻すたびにやさしくなるわたし

伸ばし伸ばしになっていた、神無月三姉妹の誕生会がやっとできた。
中姉が予約していた店へ行くと、予約が通っていない?という。30分ほどで空くと思いますのでと言われ、近くの店でとりあえず乾杯。
電話をいただいてお目当ての店へ。先ほどはたいへん失礼なことをして・・・とおでん盛り合わせが運ばれる。大根もこんにゃくもごぼう天も、みんな三等分してくださっていた。大将は若いのになかなか気が利く。お料理のお味もいい。お気に入りに追加。
飲み食いしながら、しゃべる、しゃべる・・・ずっと口が動いている。口のトライアスロン状態で、時刻は深夜へ。そろそろ帰ろうと言うと、不良中姉が「久しぶりやし返さへん。もう1軒行くで~!」と、ずんずん路地裏へ入っていく。
ぽつんと灯りのともったガラス戸は開かず、中では店の人が売り上げの計算をしている姿が見えた。戸をたたく中姉。「ビール1杯だけで帰るから~!」と店を開けさせた。
元力士の料理長(?)の作る、小鍋ちゃんこやら、野菜スティック特製みそ添えなど、またおいしくいただき、ビールは1杯ですまなかった・・・。あぁ・・・。ここもお気に入りに追加。
なんと、自宅から徒歩3分圏内に、一晩で3軒もいいお店をみつけることができた。

うれしい話、残念な話、びっくりな話・・・いろいろ話たけれど、大切にすべき人という話がこころに残った。耳障りのいいことばかり言ってくれる人は、ある意味無責任なのかもしれない。時には、痛くても、ヒリついても、ほんとうのことを言ってくれる人を大切にしなければと思う。陽だまりばかり追いかけていては、成長できない部分があるのだ、きっと。

2009年12月 1日 (火)

しずかすぎるまなざしの先 白い空

なすすべもなく、横顔を見つめていた。
手を握ればよかったのかもしれない。
背に手を当てればよかったのかもしれない。
こういう場面でわたしはいつも情けない。

12月の扉のようなお月さま。
ふぅ~っと息を吹きかけたら開いた!
さぁ、またはじまるよ~。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

無料ブログはココログ