« さよならを唱えるように雫する | トップページ | 笹舟を浮かべるように別れます »

2010年3月31日 (水)

三月尽

某コンビニでのこと。

おばあさんが、レジ台に栄養ドリンクを2本トンと置いて「飲む!」と言う。
店員さんが戸惑い気味に、「今、お飲みになられますか?」と聞くと、「飲む言うたら飲むんや!」と、鼻息が荒い。「2本とも・・・」と、問いかけるのを遮って「ごちゃごちゃ言わんでええねんっ!」と噴火の勢い。店員さんが言われるままにキャップをあけるや、2本立て続けに一気飲み、「あ~、おいし~」と満足して、お会計をすませた。

しばらくすると、おじさんが雑誌をひらいたままレジへ。店員さんに、ページを見せながら、「これ織田裕二?」と聞いた。店員さんは「さぁ?」と、隣のレジの人にも聞く。みんな「さぁ?」とよくわからない様子。おじさんは、「織田裕二にも見えるんだよなぁ」と言いながら、釈然としない様子で雑誌を戻して店を出て行った。

そのあとにキシリトールを一つ買う私は、普通に買い物をしていいものかとドキドキ。普通に買って、釈然としないまま店を出た。

« さよならを唱えるように雫する | トップページ | 笹舟を浮かべるように別れます »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« さよならを唱えるように雫する | トップページ | 笹舟を浮かべるように別れます »

無料ブログはココログ