« 裸身くるくるどちらを前にしようかな | トップページ | さよならを唱えるように雫する »

2010年3月29日 (月)

辛抱をしている固くなっている

近所のお宅に立派な白木蓮があり、毎年たのしませていただいている。
今年は、和ろうそくのような蕾をつけてから、あいにくの寒さと雨。とうとう花が開ききらないまま、黄土色に枯れはじめた。
とどめを刺すような雪に、樹はふるえていた。せめて残りの蕾を咲かせてあげたい。春よ、春よ、来い!

« 裸身くるくるどちらを前にしようかな | トップページ | さよならを唱えるように雫する »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 裸身くるくるどちらを前にしようかな | トップページ | さよならを唱えるように雫する »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ