« カフェ | トップページ | 捕まえてごらん咥えてみてごらん »

2010年3月15日 (月)

まだ胸のピクンと疼くことがある

恋で病を吹き飛ばした友人にヒントを得た、兼題「若い」の句。

高校時代の同級生との会話で昔の彼の名前が出てきたとき、胸の奥がふるえたそうだ。まだ、こころが生きていた!そう実感したという。

生きているという実感が、しあわせなドキドキでよかった・・・。強い憤りや、極限のかなしみ、そんな負の感情で生きていることを実感することもあると思う。ほんとに良かった・・・。

« カフェ | トップページ | 捕まえてごらん咥えてみてごらん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カフェ | トップページ | 捕まえてごらん咥えてみてごらん »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ