« なにもかも任せちいさくなってゆく | トップページ | まだ胸のピクンと疼くことがある »

2010年3月14日 (日)

カフェ

朝、少し早く駅に着いたので、いつものカフェへ。
私のあとから、若い女性が入ってきた。一人用のテーブルに、コーヒーとドーナツのトレイを置き、ケータイを置く。B5サイズの手帳とペンケース、次に化粧ポーチと、スタンド式の鏡。次々に並べて、たちまちマイルームのようになる。
ゆっくりと化粧がはじまり、そこだけ、彼女の世界になる。
彼女は人目などまったく気にしていないが、よそのお家にいるようで落ち着かなかった。

« なにもかも任せちいさくなってゆく | トップページ | まだ胸のピクンと疼くことがある »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« なにもかも任せちいさくなってゆく | トップページ | まだ胸のピクンと疼くことがある »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ