« 花おぼろ宮本喇叭製作所 | トップページ | 皆去ってさくらの下が濡れている »

2010年4月 6日 (火)

盆梅

「盆梅」が苦手だった。「盆梅」のように育てられた思いが強くて、見ていると息苦しさを覚え、ちがう、ちがう自由に伸びたいのよ、咲きたいのよと、叫びたくなるのだ。
ところが先日、盆梅師の方のインタビューに、側頭部を殴られた思いがした。梅の花の咲くのは、せいぜい2ヶ月。花の終わった瞬間から、次の花のために一日として欠かせない手入れがはじまる。土づくり、植え替え、肥料やり、害虫対策、紗かけ、芽つみ・・・まさに梅に仕える日々なのだと。愛情なしにはできないと・・・。
来年は、盆梅を見に行こうと思う。どんな声が沸きあがってくるか、聴きたいとおもう。

« 花おぼろ宮本喇叭製作所 | トップページ | 皆去ってさくらの下が濡れている »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 花おぼろ宮本喇叭製作所 | トップページ | 皆去ってさくらの下が濡れている »

無料ブログはココログ