« 箪笥長持ちたっぷり甘いたまご焼き | トップページ | 菜の花の一神教に包囲され »

2010年4月23日 (金)

ぬる

(前略)
「ぬる」は、深みのある容器の底など、出現する。蛇口のまわりにもいるし、排水口のあたりにもいる。ときどきは、玄関のたたきの、床との境の、奥まったところにもいる。ごみばこの、ふたの裏に少しだけいるし、雨ざらしになっている器物の表面には、うじゃうじゃいる。
(中略)
「ぬる」は、性質は温厚だけれど、執念深いところがある。口癖は「閑話休題」。趣味はサラリーマン川柳。肉親の縁にうすく。両親とは早くに死別。兄と妹が一人ずついるけれど、二人とも外国に住んでいる。食べ物の好き嫌いが多い。独楽のコレクションをしている。
コレクションの独楽ごと「ぬる」をこすりとって、流す。
(「ほかに踊りを知らない。」 川上弘美 平凡社)

いた、いた~!蛇口の下に「ぬる」発見。スポンジを手に持つと、「胸よりも前に出るなと腹に言う」と、「ぬる」がぼそっと言った。コレクションの独楽ごとこすりとって、流す。他の「ぬる」への見せしめである。

« 箪笥長持ちたっぷり甘いたまご焼き | トップページ | 菜の花の一神教に包囲され »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 箪笥長持ちたっぷり甘いたまご焼き | トップページ | 菜の花の一神教に包囲され »

無料ブログはココログ