« 甘くなるまでしゃぶりつづけるくすり指 | トップページ | 五月一日すっからかんのそらいろに »

2010年4月29日 (木)

ナマズ その弐

駅まで向かう道の途中に、両手を広げたくらいの幅の水路がある。道の真下には、水が堰きとめられた深みがあり、鯉が棲んでいる。
昨日の朝、白髪のロン毛を束ねたおじさんが、水路をのぞいて「お~い、ナマズ」「お~い、ナマズ」と呼んでいた。私もあわてて、いっしょにのぞいてみたが、いつもの鯉しかいない。
鯉は、大きいのが2匹、中が1匹、やや小が3匹、小が5~6匹いて、四世代同居のようにかたまっていた。おじさんは、何度か呼びかけたが、ナマズは現れなかった。
今朝は、黒いキャップを被った別のおじさんが、水路にパンを投げていた。私もまた、あわてていっしょにのぞく。
鯉一家の中に、ちょっと風体の違うのがいると思ったら、ナマズだった。鯉は、素早い動きで、どんどんパンを呑みこむが、ナマズは動きが鈍くて、なかなかパンにありつけない。
おじさんは、なんとかナマズにも食べさせてやろうと、水路の端に、パンをいくつも投げ入れて鯉一家をおびき寄せ、取り残されたナマズにパンを投げた。ちょうどナマズの顔の前にパンが落ちたが、ナマズがグズグズしているうちに鯉に横取りされてしまった。
ナマズの目は水面をとらえにくいのか、それともパンは口に合わないのか、あまりにどんくさいのか・・・。
おじさんは、「今度こそ食べろよ!」「ほれっ!」と、ナマズめがけていくつもパンを投げたが、ナマズはとうとうひとつも食べられなかった。
駅へ向かいながら、ナマズが頭から離れない。思慮深いのか、何も考えていないのか分からないナマズ。年齢不詳のナマズ。・・・私も、「ナマズ~」と呼んでみたい、春なのだ。

« 甘くなるまでしゃぶりつづけるくすり指 | トップページ | 五月一日すっからかんのそらいろに »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 甘くなるまでしゃぶりつづけるくすり指 | トップページ | 五月一日すっからかんのそらいろに »

無料ブログはココログ