« 暗がりへ転がってゆく昼の桃 | トップページ | 抜け殻になって宇宙を抱いている »

2010年6月27日 (日)

ぜんぶイヤ

ひとり暮らしをはじめる娘の、生活用品を準備している。
もちろんワンルームで、最低限のものなのでそう大した買い物ではない・・・・・・はずだった。
色やかたち、質感・・・デザインにおそろしくこだわるのだ。決して高級なものを欲しがるわけではなくて、自分の納得したものと暮らしたいらしいが、それがおいそれとは見つからない。
先週は、テーブルと椅子に、まる1日を費やして、椅子しか買えなかった。私など、椅子はテーブルとセットで買うものと思っていたので、まず椅子だけに違和感。さらに椅子の腰掛けの部分を、色違いで2脚買った。そういう選択もあるのか・・・と目からウロコ、いやコンタクトが落ちそうだった。
昨日は、電化製品。品数の多いところがよかろうと、一番大きな電気やさんへ連れて行った。冷蔵庫、掃除機、洗濯機、電子レンジと見てまわる。・・・「ぜんぶイヤ。欲しいものがひとつもない」・・・「えぇ~っ!ここになかったら、もうどこにもないよ」・・・「探す!」。
探すことまる一日。キッチン用品のお店で掃除機が、別の電気やさんで、やっと妥協できる冷蔵庫がみつかる。
その間に、魚のかたちのガラス瓶、砂時計、エッフェル塔の置物など、暮らしのアクセントと称するものたちは、着々と増えていく。「かわい~!」は危険信号。聞こえなかったふりをして足早に去らねばならない。立ち止まったら負けである。
今日もこれから、カーテン探して三千里の旅へと出発・・・。

« 暗がりへ転がってゆく昼の桃 | トップページ | 抜け殻になって宇宙を抱いている »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 暗がりへ転がってゆく昼の桃 | トップページ | 抜け殻になって宇宙を抱いている »

無料ブログはココログ