« 母はもう渇いて底をみせている | トップページ | びっしりと水草いまさらの手紙 »

2010年6月14日 (月)

うっとり

電車で、ななめ前に座っている30代くらいのサラリーマン風の男性が、二人で一冊の本をのぞいていた。
ページをめくるたびに、二人しておぉっ!というリアクションをする。一人が指差したページでは、しばしうっとり眺めていた。何を見ているんだろう?エッチな本にしては、清らかな空気に包まれている。なに?なに?・・・興味を抑えきれず、少しずつにじりよってしまうが、本の角度でうまく見えない。
駅について、立ち上がる時に本が閉じられた。・・・「武将・剣豪と日本刀」!

スーパーでは、40代の後半の女性。梅干のパックをひっくり返して、賞味期限をチェック。「10月18日!郷ひろみの誕生日や!これにしよっ!」と、梅干パックをきゅっと抱きしめた。梅干も瞳もハート型になった!

ミスドでは50代の女性。ヨン様のハンドタオルを、撫でたりさすったりしている。タオルの両端を持って自分の顔の前まで持ち上げ、白い歯を見せて笑うヨン様とじっと見つめ合う。世界は二人のためにの世界に突入し、ついに唇を寄せてチュッとした!

陶酔というのは、しあわせそうに見えるが、たいへん気はずかしいものである。

« 母はもう渇いて底をみせている | トップページ | びっしりと水草いまさらの手紙 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 母はもう渇いて底をみせている | トップページ | びっしりと水草いまさらの手紙 »

無料ブログはココログ