« のこされたカバン 波の音ばかり | トップページ | 空をひとまわり 三拍子の木魚 »

2010年7月31日 (土)

鳩の日

川柳ジプシー@短歌と俳句の交響
第1部は、佐佐木幸綱氏、宇多喜代子氏による対談。第2部は、短歌、俳句の合評会。
他の短詩系に触れるまたとないチャンス。ラッキーなことに地元開催なので、申し込んでいた。

孔雀と鶯のあつまりに紛れ込む、鳩の気分。鳩臭、いや川柳臭がしないようシャワーを浴び、いつものジーンズではなく、スカートにストッキングまではいて出かける。会場に着いたときには滝の汗、どろどろ・・・。受付で、「短歌ですか?俳句ですか?」と聞かれ、7秒ほど考えて「はいく?」と疑問形で答えてしまう。実に怪しい・・・。

鳩なりにおもしろかった。特に、合評。出席者の短歌47首、俳句176句から、歌人4名、俳人4名が各3首、3句を選び講評。私も選をしたが、かなり重なった。(短歌、俳句の結社カラーが近かったのか?)

・上の句から下の句への飛躍、取り合わせ、展開の意外性がおもしろい。
・やや説明ぽくて残念。
・言い過ぎ。ここまで言わなくても。
・既視感がある。
・常套句
などは、川柳でもよく言われる。

俳句ならでは・・・は、
・季語が生かされている
具象が生きていると近いようにも感じたが・・・。

短歌ならでは・・・は、
・言葉の音律、調べがなめらかできれい
川柳で言われる、リズムがいいとは違う。音読されると分かりやすいが、言葉の流れ方が独特に感じた。

私の出した1句『百日紅かかとが固くなっている』も、歌人2人、俳人3人に選んでいただけた。さらに、BSの大会でお会いした福井の方が、私もあなたの句を選んでいたのよ。と声をかけてくださって、とてもうれしかった。

余談でおもしろかったのは、短歌と俳句で女性のファッションが違うというお話。俳句は木綿(ぱりっと?)で、短歌はやわらかく女性的なのだそうだ。川柳は、それぞればらばら・・・それも川柳らしさか・・・と聞いていた。

« のこされたカバン 波の音ばかり | トップページ | 空をひとまわり 三拍子の木魚 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« のこされたカバン 波の音ばかり | トップページ | 空をひとまわり 三拍子の木魚 »

無料ブログはココログ