« やる気 | トップページ | あえいうえおあお 水音になるまで »

2010年10月 9日 (土)

つめたい糸が空と地をつなぐように、秋の雨は降る。
黙って手を引くように、秋の風は吹く。
木々は、ゆっくり育てた葉っぱや実を、こともなげに手放す。
秋はいつも、泣けるだけ泣いたあとのように、がらんとあかるい。

「自分から逃げなあかん」・・・墨作二郎さんから言われた。
ひとり鬼ごっこか・・・。
秋なら、逃げるられるかもしれない。こんな秋なら。

« やる気 | トップページ | あえいうえおあお 水音になるまで »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やる気 | トップページ | あえいうえおあお 水音になるまで »

無料ブログはココログ