« あたたかな窓から夜は配られる | トップページ | 母訪うてきてくつ下のゴムのあと »

2010年11月26日 (金)

栓抜き

職場で栓抜きが見当たらず、100円ショップに買いに走った。
栓抜きに、缶切り、ワインのコルク抜き、プルトップや蓋あけなど、何通りもの機能がついているものがあって驚く。よく考えたなぁと感心するし、便利そうだなぁと思うが、なんだか気に入らない。
偏見かもしれないが、道具というのは、ひとつの機能を追及したものの方が使いやすく、うつくしいと思う。それに、多機能だの多目的だのというのは、どうも品がない気がしてならない。
結局、持ち手が木製のシンプルな栓抜きを買った。ほんとうは、ひと昔前に酒屋さんがただでくれた、ビール会社の名前入りの栓抜き、あれが一番よい。飾り気のない職人のように、かっちり仕事をしてくれた。

« あたたかな窓から夜は配られる | トップページ | 母訪うてきてくつ下のゴムのあと »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あたたかな窓から夜は配られる | トップページ | 母訪うてきてくつ下のゴムのあと »

無料ブログはココログ