« たましい | トップページ | 影 »

2011年12月 7日 (水)

畑日和

父の野良仕事アシスタントで、ほうれん草にビニールのトンネルをかぶせる。
畑の杭で太ももを強打した拍子に、畦に足をとられて転んだ。杖の放せない父にとって、畑の畦は箱根の山。その天下の剣を、杖も放ぽり出してすっ飛んできたのには驚いた。
畑の上には、飛行機雲が3本も畝のように伸びていた。「飛行機雲があるから、明日は雨や」と父が言った。お百姓さんは、雲や土を読めるのだ。

« たましい | トップページ | 影 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« たましい | トップページ | 影 »

無料ブログはココログ