« 間違いもなにも二月の金盥 | トップページ | 閏日やグリコのおまけ買ってくる »

2012年2月27日 (月)

雪の京都

娘の大学の卒業制作展へ。あまりゆっくり見られなかったけれど、今年の印象はひと言で言えば「毒がない」。若者には、もっと屈折してもらいたい。
まずいと評判の学食で280円のオムライスを食べた。オムライスがまだ一番マシらしい。こ、これは・・・ケチャップごはんでないの。衝撃の残念さ!しかし、学食の窓の下には墓地が広がり、えもいわれぬ眺め。墓地ビュー最高!
それから、娘の誕生日を軽く祝い、たまった洗濯物をコインランドリーに乾かしに行くのを手伝う。
夕暮れの京都は、雪に舟の月。ロマンチック!こんなところで、洗濯物をたたんでる場合か!雪の京都をいっしょにそぞろ歩きしたい人を考える・・・、!!!本木雅弘!もっくんだわ。コートは似合うし、口数少なそうだし・・・。やっぱり渡月橋かな~?
・・・・・・「桐ちゃん、悪いけどたたみ方違うから全部たたみ直すよ」・・・ああもう、だから私はもっくんと渡月橋がよかったよ!とぶつぶつ言ったら・・・・・・「何なん、その勝手な妄想」と氷点下30度くらいの目で見られた。

« 間違いもなにも二月の金盥 | トップページ | 閏日やグリコのおまけ買ってくる »

コメント

娘さんは美術関係?
世の中は「屈折」を乗り越えた明るさ、新しさで
変わっていくようですね。

娘は、一応デザイン系です。

私はまったくの素人ですが、それでも作品から
作者の放つエネルギーみたいなものは感じられますね。
今回は簡単に完成させてはいけないと、思いました。
いいなと感じた作品には、
乗り越えた明るさやおもしろさ、美しさがありました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 間違いもなにも二月の金盥 | トップページ | 閏日やグリコのおまけ買ってくる »

無料ブログはココログ