« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月31日 (木)

白昼を汚し口紅アイシャドウ

わが町伊丹は、清酒発祥の地。酒どころとして俳諧文化も栄えた名残りの「柿衛(かきもり)文庫」という、俳句文学館がある。
広報誌に「俳句ラボ~若い世代のための若い講師による句会」とあったので、おもしろそう!と思いきや、対象:15歳~45歳。が~~ん、はじかれた!
骨密度は20代だったんだけどな、ダメかな・・・。ダメだよな~。こういうのって、年齢確認するのかな?思わず、「若返りメイク」を検索してしまった。

2012年5月30日 (水)

烏丸通ですか カルボナーラですか

昨日は、「Anthology Tuzuki 30×9=∞」(つづきの会)を読む会に、ものすごく背伸びをして参加させていただいた。
難解と言われる句を読み解くカギ、おもいの川柳、ことばの川柳・・・その場では分かったような気がしたけれど、よく噛まずに丸呑みしてしまったような・・・。
メンバーの方々は、それぞれに自分の書きたい川柳を明確に持って追求しておられる。「パラッパラッのチャーハンのような句」とか。
このままではダメだ・・・と、雷に打たれたような日だった。よかった。

2012年5月29日 (火)

永遠にひとつおいてとなりのタイル

私たちは、重なって置かれていた。隣り同士になれるはずだったのだ。
あの日、猫の前足が運命を変えた。
二人の間には、まっすぐな白い川が二本流れている。

2012年5月28日 (月)

思い出はあやふやになる象の顎

近所の古いお好み焼きやさんが閉店してしまった。創業50年くらいかな?もっとかな?
のれんをくぐって引き戸をひらくと、右に大きな鉄板があり、左にテーブル席。つきあたりに座敷・・・。テーブルは油のべたつきもなく清潔で、やや固めのなつかしい味のお好み焼き。息子が赤ん坊のときに、はじめて外食したお店。・・・さみしい。
更地になって新しい建物が建ってしまうと、記憶が上書きされるように前の風景を忘れてしまう。・・・さみしいな。

象を描こうと思うと、いつも顎のところがよく分からなくてしまりのない顔になってしまう。

2012年5月27日 (日)

絶叫にほぼ申し分ない高さ

角田光代さんのエッセイに、自分は極度の方向音痴だけれど、いつも道に迷う時間も見越して家をでるので時間に遅れることはなく、周囲の人たちから方向音痴だと思われていないとあった。
私も、迷う時間を考慮して家を出るようにしている。今日は、なんばOCATで句会があった。なんば駅から5分とあったのに、5分以上歩いても表示すら出てこない。そのうち地下鉄の日本橋駅に突き当たった。たからくじ売り場のおばちゃんに尋ねると、ものすごく気の毒そうな眉で「うわ~、真ぁ逆やわ。だいぶ歩かなあかんで」と言われた。どうしてこうなるのだろう?それでも11時半受付開始で、1時間も早く着いた。遅れることはあまりないが、私は周囲から立派に方向音痴(方向皆無)として認知されている。

今日の句会は、席題が屋上ガーデンでの吟行句。ビルの屋上にのっけられた小さな森を、夏の指先がつついていた。

2012年5月26日 (土)

軟弱な四角と鋭利な丸と

熊谷守一展へ。
97歳までの長い画業で、大きく変化する作風。鮮やかな輪郭線と、塗り分けられた面・・・抽象化とも図案化ともまた違う、独特の画風へとたどり着く。対象の風景なり、動物、花をつぶさに観察し、そのいのちをとらえての、あの大胆な線でありかたちなのだろう。
美術館を出てしばらく、見慣れた風景が
○△□に見えてたいそう驚いた。

 日本画を描くときは、どうなるかわからない。
 わかってしまっては、阿呆らしくて、そうじゃないですか。

 その場所に自分がいて、はじめてわたしの絵ができるのです。

 紙でもキャンバスでも何も描かない白いままがいちばん美しい。

 絵を描くのに場合によって、
 初めから自分にも何を描くのかわからないのが自分にも新しい。
 描くことによって自分になにものかが出てくるのが面白い。

2012年5月25日 (金)

赤く咲くまるでさみしくないように

福山のRちゃん、パリはムーランルージュへ。
「トップレスの群舞、圧巻!もう一生分のチチ(乳)みたよ~」「小学生くらいの男の子とかも見てたんやけど、夜眠れるのかね?」「そのくらいの方が、単に美しいものとして見るんじゃないの?」
歌に踊りに曲芸やら何やらたのしく美しいショーはつづき、観客を舞台にあげてのコント(?)のような出し物になり、いざRちゃん登壇!コメディアンの台詞(英語)にあわせて、ジェスチャーをしたらしいが、どっかんどっかん受けに受けて、受けまくり。終演後のロビーでも、他の観客に囲まれ、拍手と賞賛を浴びたのだそうだ。なかに「ダイジョウブ!ダイジョウブ!」と叫ぶ男性がいて、よく聞くと、彼の唯一知っている日本語だったとか。
「桐ちゃん、いっしょに行こう。私、次はトップレスいくよ」「トップレスなら、1分1秒でも早く行かないと!ほら引力のせいで、こうしてる間にも・・・」「あ~、下へ、下へ~」「大名行列だよ~」
Rちゃんのトップレスはともかく、一度は行ってみたいパリ。

2012年5月24日 (木)

砂肝のざりっと今日を噛んでいる

ユニクロにて。お直し受取カウンターで、木●早苗似のおとなしそうな女性が、「もうできてるか思たのに」と非難めいた口調で言っている。店員さんは「こちら仕上がり時間が4時になっておりますので、申し訳ございません」と丁寧に対応。時計を見ると、3時53分。あと7分もある。なのに、「なんやねん!」と捨て台詞を残して立ち去った。
市内某所歩道にて。前から自転車の若い男性が来る。私も自転車。避けようとして、同じ方向へ・・・よくあるではないか。「すみません」と言ったら、「うざいんじゃ!」と怒鳴られた。
なんか、殺伐としておる。

2012年5月23日 (水)

カ行から先を痛みに奪われる

深く反省・・・。
某公募川柳の選をお引き受けした。公募の目的や概要、審査方法など打ち合わせ。先日、募集のチラシが送られてきた。
「川柳とは? ◆5・7・5の17音が基本ですが、字余りでもかまいません。 ◆ユーモアや言葉あそびを基調としています。」
ツメが甘かった。いちばん肝心のことを、伝えていなかったとは!!穴があったら入りたいよ~。

2012年5月21日 (月)

ねじまき吟行@尾張瀬戸

歩いて周れる範囲に、古い商店街、焼き物や招き猫の美術館、寺社仏閣、そして登り窯・・・見どころのぎゅっと詰まった瀬戸。私は、登り窯と、窯垣の小径を堪能。吟行というか、遠足気分・・・。一見、変哲なく平凡そうにみえて、陶磁器と招き猫にあふれ、昭和の面影を残す味わい深い町だった。全面的にサポートしてくださった、丸山進さん、丸山教室の皆さんに感謝!

  水甕の底には古い駅がある

  3階で鳥と魚に分かれます

  この町のどこかで泣く石笑う石

  瀬戸物の猫の目がわらっていない

  石を積むもっとさみしくなるがよい  

2012年5月19日 (土)

てっせんは白白 手紙をください

谷川俊太郎さんから、詩のお手紙が届くのだそうだ。「ポエメール」は、毎月1回詩3編と、お手紙とおまけがついて、6回分5,250円。
おもしろそう!と思ったけれど、手紙を“買う”のは、なんだか違う気がして迷っているうちに受付が終了してしまった。代金を支払って、ラップランドからサンタクロースの手紙が届くのとかも嫌なんだなぁ・・・。
でも、電子メールでもなく、詩集でもなく、私宛に人の手を介して届くことば。どんな封筒なんだろ?どんな紙にどんなデザイン?・・・紙もの好きとしては、かなり気になる。
川柳の届け方ももっといろいろあるかも・・・「電報川柳」(いらん?) フェリシモ風に毎月届く「川柳の会(恋コース・花コース・旅コース)」(いまいち?) 川柳と風土を味わう「川柳ごちそう便(各地の特産品に地元川柳作家の作品集をセット)」この味にしてこの句・・・くぅ~!(ならんか?)
そんなこと考えてるヒマがあったら、作句しろ!まったくだ・・・。

2012年5月18日 (金)

ガラパゴス諸島 真昼のホットヨガ

役所へ着いたら、忘れ物をしていた。
せっかくなので、おたのしみを追加。文庫本をかばんに入れて、出直す。
用事を終えて、ちょっと先まで自転車を走らせ、大きな木の下のベンチでしばらく読書。
鳥の声が降り注ぐ。声のあたりを目を凝らして見るが、姿を見つけられない。真下からは見えないのかな?

それから、おいしいと聞いたインドカレー店へ。
見覚えのあるメニュー・・・ふたつ先の駅にあるお店とそっくり!どうやら姉妹店のようだ。
ベテランらしき女性が、新人アルバイトを指導している。狭い店内なので、まる聞こえ。「DVDのスイッチはここ。ボリュームは最大でも25」「店内の温度は、お客様の様子をよく見て調節してね」「トイレはお客様の使ったあと、消臭剤ふってね。ニンニク臭とかするでしょう。ここにあるから」「お箸は言われたら出してもいいけど、基本は一品料理の注文のときだけ」「今日の予約の確認は・・・」・・・思いつくままに、どんどんしゃべる。フロアを一巡してレジに差し掛かったとき、「メモ帳かなんか持ってきた?今までのとこ、メモしてもいいよ」と、言われていた。遅くないか? 続いてレジへ・・・。私も、明日から働けそうなぐらい、あらかたのことは覚えた。

午後は、ホットヨガへ。お昼の激辛インドカレーとビール(!)のせいか、汗、汗、汗。干物だかミイラかになりそうだった。

2012年5月17日 (木)

蝙蝠傘ですか 私の影ですか

すこし前のこと。
1週間ほど悩んで、文面も悩みに悩み、作品を取り下げさせてくださいという趣旨のメールを送った。4年も前に預けた作品で、これが今発表されるのかと思うといたたまれない気持ちになった。
作風は大きくは変わっていないように思う。げっと思う句も何句かあったし、句の並べ方もよくなかったが、全体的には最近の作品より力強さを感じた。川柳に賞味期限はないかもしれない。それでも、この恥ずかしさには耐えられないと思った。
私の気持ちは、ご理解いただけた。ほっとした。

2012年5月15日 (火)

ひとつ島抱きたくて大きめの月

柳友 佐藤憲治さんとのお別れへ。
心の母のような憲治さんが早々と旅立ってしまって、気持ちが水のかたまりのようになっている。こんなにメソメソしても、憲治さんなら笑ってゆるしてくれると思うので、今夜はこころのままに。
おつかれさま。いっぱいありがとう・・・。

2012年5月14日 (月)

やさしげな眼をしてなにを見てきたの

お隣のベランダに鳩が巣作りしているらしい。くぐもったような鳩の声をときおり耳にする。
掲示板に「最近、鳩がベランダに入ってきているようです。鳩の糞や羽根は衛生的にも悪く、住宅の美観を損なうので、ベランダに寄せつけないよう気をつけてください」とあった。
どう気をつければいいのだろう?
あの、目玉みたいなのをぶらぶらさせるのはイヤだし。ネットも剣山もいやだなぁ。案山子って効果あるのかな・・・?

鳥はからだの大きさに比例して、大きくなればなるほど眼がこわくなる。烏にもニワトリにも眼で負けてしまう。鳩は、いい勝負かな。

2012年5月12日 (土)

二人分の影で夜ができあがる

犬の予防注射へ。
おじいちゃんの運転する軽トラックの助手席に、コロ(15kgの柴の雑種)とゆず(5kgのミニチュアダックス)と、ラッシュの電車のように乗り込む。
コロを足もとに、ゆずを抱いて乗ったのだが、コロも座席に上がってくる。よぼよぼのゆずが怒ってコロを噛もうとして、叱るたびに顔をベロベロになめられる。コロはちょうど夏毛に変わる時期で動くたびに毛だらけ。
帰りは注射で興奮したのか2匹とも落ち着かず、収拾がつかなくなり途中で降ろされた。
牛歩戦術のようなゆずを励ましながら、夕暮れをとぼとぼ歩く。犬の老いも、見つめるのはとても辛いものだ

2012年5月11日 (金)

空豆のさいしょから笑っているよ

おじいちゃんから、えんどう豆を収穫せよと指令。2時半に畑へ。
下から順に花が咲くので下からとるようにとだけ注意して、おじいはどこかへ出かけてしまった。工作ばさみでちょきちょきと、地味な作業である。携帯を忘れて、時間も分からない。
2畝のうちのやっと1畝終わるころ、赤やピンクや空色のランドセルが通り過ぎていく。
ふいに「いつもありがとうございます」と赤いランドセルの子が頭を下げる。おじいちゃんが、野菜でもあげているのかな?と思いながら、「おかえり~」と返すと「ただいま~」と笑う。
通り過ぎてから思い出したように振り返って「ごくろうさまです!」と言われた。「ありがとう!」と、おかげでやる気が回復する。
2畝の下半分を収穫して実家へ戻ると、5時だった!4時に、犬たちを狂犬病の注射に連れて行くのを手伝うように言われていたので、てっきり呼びに来てくれると思っていた・・・。
どうりで長いと思った。
収穫したえんどうは出荷するのだそうだ。いや、だから、家で食べる分だけでいいって言ったじゃないの!次は空豆・・・空豆はえんどうの8倍くらいありそう・・・おそろしいたらありゃしない。

2012年5月10日 (木)

春の背のファスナーひらきゆく列車

昨日、苦吟した「ひらく」予備の軸吟。
GWに、信州湯田中から小布施までを走った電車はこんなイメージだった。

夕べ、句会後の懇親会の席でさるお方から、桐子さんは「蟹」と言われた。咄嗟に、「川にいる蟹ですか?」と聞いたら、「海の」と。蟹は大好物ですけど・・・どんなイメージなんでしょうか?蟹が頭から離れなくて・・・まっすぐ歩けそうにありません。

2012年5月 9日 (水)

草原をいちまいひらく馬頭琴

川柳グループ草原50回突破記念句会へ。
朝のネット巡回をしていたら、某川柳の掲示板で、選者の軸吟とほぼ同想句の自分の句をボツにされてがっかりした・・・というような書き込みを目にした。
「ひらく」の選で、軸吟を1句しか用意していなかったのでそれからあわてた。草原の記念句会に、草原をひらくはいかにも出てきそう!
何をしながらも、ひらく・・・ひらく・・・。冷蔵庫ひらく、口ひらく、栓ひらく、ドアひらく・・・。電車に乗っても、作句に熱中しすぎて乗換駅を乗り越してしまった。火事場のなんとかで、烏丸の手前でなんとかできあがる。ふぅ~。
結局、草原をひらくはなかったが、いい教訓になった。

五月さんが亡くなられて、ちょうど一年・・・。披講の前に五月さんのことをお話したかったけれど、泣いてしまいそうで断念した。会場のうしろに、背筋をピンと伸ばしていらっしゃったと思う。

2012年5月 7日 (月)

背開きにすると男は食べやすい

みごとなGWぼけ。昨日の句は中8だし。とにかく、句のリズムがとっても悪い。句会は迫る・・・どうしたものか。

2012年5月 6日 (日)

山桜ふれてはいけない人といる

ソメイヨシノ、ヤマザクラ、桃、連翹、菜の花、タンポポ、水仙、チューリップ・・・林檎、プラム・・・雪解け水が冬を押し流し、山の春は一気にやって来る。山の春にざぶんと浸かると、色や匂い、声があふれた。
ヤマザクラの野生味を帯びた孤高の美しさに、心奪われる。

句集も柳誌もひらくことなく、ことばを遠くに置いたまま黄金週間はさらさら流れた。

2012年5月 2日 (水)

夜と親しくなれたのは、いつ頃からだろう。若いころは眠るのが惜しくて、夜を明々と灯して忙しくしていたけれど、近ごろはからだの言いなり。眠くなったらすぐ眠る。ぜんぶゆだねると、夜はやさしい。

春の夜の隅 ビロードの切れっ端

夜を折る鳥にピアノにやっこさん

父が泣く夜が飲み込めないのだと

ぽかんと空いた穴に夜が流れ込む

夜桜のたましい浮いているように

夜はいつもわかりかけると消えてゆく

瘡蓋の下にほらあたらしい夜

         (川柳洋子の部屋 ゲストの椅子)

2012年5月 1日 (火)

どこまでもどうしても母 豆を煮る

5月です。今日は息子の誕生日。24歳ですって、ビックリ!
この息子と娘と二人の子の思春期に、私は随分鍛えられました。やっと二人と、大人の話ができるようになったなぁ・・・と思えるこのごろ。
久しぶりにバースデーケーキを買いました。お誕生日プレートもロウソクもつけてもらいました。恥ずかしがっておりました。

明日から、ちょっとお出かけ~。さくらに会えるかな?いただいた句集やら柳誌やらをゆっくり読んできたいです。

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

無料ブログはココログ