« 梅らしく咲いてしまったうつむいて | トップページ | 隣室の夜がふくらみ続けている »

2013年2月18日 (月)

ピンチはチャンス チャンスはピンチ 吉田利秋川柳集

  ねえさんがささのほうたいしてくれた

  お客さん寝てたらイラク行きますよ

  うっとりとしているうちに落ちた柿

  美しい生き方講座五万円

  世間には負けたことない枯れすすき

  遮断機の音も気にせず梅が咲く

  薫逝く メタセコイアが散ってゆく

  わざわいは換気扇からやってきた

  山頂でガスの元栓気にかかる

  姉さんが突然降りた白い駅

        (吉田利秋川柳集 私家版)

面倒なこと、やっかいなことを誰に頼もうか?と迷うとき、つい顔を思い浮かべてしまうのが利秋さん。お願いすると必ずあの笑顔でこたえてくれる。利秋さんは、元高校の先生。生徒さんたちとのエピソードや、新子先生の教室風景、川柳ワンポイントレッスン・・・と、貴重なおまけつき。
川柳集での発見は、利秋さんは、かなしみの極みで詩性が昇華する。人一倍やさしい心は、そのとき現実をとおく離れるのだろう。

« 梅らしく咲いてしまったうつむいて | トップページ | 隣室の夜がふくらみ続けている »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 梅らしく咲いてしまったうつむいて | トップページ | 隣室の夜がふくらみ続けている »

無料ブログはココログ