« 猫の尾を揺らして夜を連れ戻す | トップページ | 朝焼けの雲に追いつけないことば »

2013年7月30日 (火)

膝折って光も水へ祈っている

夕べは、梅田のビアガーデンへ。
お客さんの8割強が若者。残りが高齢者。勤め人グループがほとんどいない。ビアガーデンも様変わりしている。
雨を心配したけれど、どんより空で日焼けの心配もなく、ビアガーデン日和。
先週に引き続き、今週も女子3名+心は乙女の男子1名。アラフィフガールズトークは、葬儀、位牌、墓・・・なのであった。

近ごろ増えている家族葬やら、新しい葬送スタイルに対応する葬儀場が近所にできたらしい。グランドオープン!の垂れ幕に、背中に「祭」と染め抜いた法被を着たスタッフが案内していたとか。葬祭って言うけどさ・・・。

« 猫の尾を揺らして夜を連れ戻す | トップページ | 朝焼けの雲に追いつけないことば »

コメント

ビヤガーデン、仕事帰りのサラリーマンを見かけませんでした。
自主退去か、若者に追い出されたのか。団塊の世代の引退の影響か。
この夏の研究課題にします。

おじさんは何処へ?
私の好きな昭和な居酒屋では見かけますが、
行き場が少なくなりましたからね・・・。
生息地域も狭められ、そろそろ絶滅危惧種??(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 猫の尾を揺らして夜を連れ戻す | トップページ | 朝焼けの雲に追いつけないことば »

無料ブログはココログ