« 今日も長いとひるすぎのさるすべり | トップページ | また顔に出てしまってる嵐山 »

2013年7月18日 (木)

白い袋に二週間分の夜

かかりつけの歯科には、熱血歯科衛生士女史がいる。
女史は歯周病がいかに恐ろしいか、毎回怖い話をいっぱいする。予防は、1に歯磨き、2に歯磨き・・・と、手取り足取り歯磨き指導をされる。私は歯並びが悪いので、隅々まで磨くのは至難の技。ここはブラシを縦に、ここは手を返して・・・と実技指導あり、ピンポイントの磨けるブラシや、新型歯間ブラシなど歯磨きグッズもガンガン勧められる。こっちはすっかりマインドコントロールされているので、全部買って磨き倒す。
磨くと出血するのですが・・・と訴えても、出血を恐れずにもっと磨けというので、さらに磨き倒した。
前回、歯ブラシ型歯間ブラシが新たに追加された。使いやすいし、歯間をゴシゴシするのに病みつきになって、パソコンしながらゴシゴシ、句を詠みながらゴシゴシやっていた。
少し前から、右下の奥歯に違和感発生。来たか歯周病!と飛んでいったら、なんと原因不明で歯の神経が死んでいた。先生によると、歯ぐきの隙間から、細菌が進入したのではないか?ということだった。・・・もしや、あの歯間ブラシが原因では?

詰め物を一旦外さないといけないということで、ガガガガガッ、ガガガガッとアスファルトをめくるような音と振動。大掛かりな工事に。
ふと、二度も歯科医と結婚した松田聖子は、こういうことを通して心を掴まれるのか?と、おかしなことが気になる。なにやろ?どこやろ?と考えているうちに治療は終わった。次回、継続研究する。

« 今日も長いとひるすぎのさるすべり | トップページ | また顔に出てしまってる嵐山 »

コメント

私も永年歯には悩まされています。
でも、虫歯になるのは本物の歯がある証拠。
「本物があるから歯痛おきてくる」
喜ぶようにしたいものです。

芳光さん、そちらも暑そうですね。
日曜日は、松江の大会ですね。
また、大暴れしてください!

ほんと、歯は大事にしたいです。
食べるたのしみは、さいごまで味わいたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日も長いとひるすぎのさるすべり | トップページ | また顔に出てしまってる嵐山 »

無料ブログはココログ