« この私がレタスの芯になっている | トップページ | 印刷所の奥に置かれている夜 »

2013年8月16日 (金)

くらがりを奥と呼ぶなら姉は奥

私は長女であります。

兼題「奥」。披講のとき、選者さんが「くらがりを奥というなら・・・」と読みかけて直された。
最初は「いうなら」にしていた。電車のなかで「呼ぶなら」か迷いに迷って、変えて出した。「呼ぶ」の方が、奥の別称という感じが出るかな?と思ったけれど、迷うところ。近ごろ、句をいじりすぎる傾向。

« この私がレタスの芯になっている | トップページ | 印刷所の奥に置かれている夜 »

コメント

くらがりを奥というなら姉は奥
くらがりを奥と呼ぶなら姉は奥
暗がりを奥というなら姉は奥
暗がりを奥と呼ぶなら姉は奥

桐子さん
お疲れさまでした。
とにかく「姉は奥」でいただいていますので
どうぞ迷ってください(笑)
僕も最後の最後までどちらがいいかと思う句があります。
ところが、あんがい時間が経って醒めたあたりで解決したりします。
だから、入選した後も迷うことがどうも次につながるようです。
作りすぎ、飾りすぎ、きれいすぎ、まとめすぎが
リアリティーのじゃまをするようですが、
リアリティーをいいようにふくらます言葉もあるようです。
川柳はそんなことを悩む積み重ねですが、
悩まない人は伸びないこともこわいことです。

政二さん
ありがとうございます。
音の調べをとるか、意味合いをとるか・・・
心ゆくまで、迷うことにします(笑)
そうですね、発表誌の出るころに、
するっと答えが出る気もします。

「奥」という題、難しくておもしろかったです。「レタス」も。
日ごろ、深く考えたことがないようなものについて
思いを巡らすと、発見がありますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« この私がレタスの芯になっている | トップページ | 印刷所の奥に置かれている夜 »

無料ブログはココログ