« みずうみ | トップページ | そこにいたでしょう見つめていたでしょう »

2013年8月 6日 (火)

散歩会@横尾忠則現代美術館

旅の疲れを引き摺りながら、えいやっと散歩会へ。
涼しかった山から下りてきて、暑さにくらくら、横尾忠則の極彩色にくらくら・・・。

  青い字で綴られている夢だから

  うっすらと死は匂いからはじまる

  私からわたし離れてゆく水辺

  Y字路のどちらも辿り着かない朝

  踵やら肘やら夜の裂けめから


旅から戻ったら、投句で参加した某大会誌が届いていた。全ボツ!決して手は抜いておりません。T氏の、「自分への問いかけを書けるようになると、句会では抜けなくなる」という言葉を思い出す。もしやこのこと?と、いそいそ投句を確認する。・・・単に、クオリティが低いだけだった。ショック!

もう一つショックなお知らせ。神戸の海文堂書店が9月末で閉店。創業99年・・・。私のいちばん好きな書店が消えてしまう。海文堂さんがなくなったら、元町商店街に足を延ばすこともなくなるかも。

« みずうみ | トップページ | そこにいたでしょう見つめていたでしょう »

コメント

桐子さん
お疲れさまでした。
長い時間になり申し訳ありませんでした。
とにかく無事でなによりでしたね。

この日の少し前にテレビでフランシスベーコンの
生い立ちも含め、絵になるまでが放映されていました。
そのやむをえないものをきちんと認める世界の舞台に感心しました。
その絵が好きであることとは別の問題ですが。

政二さん
おつかれさまでした。
貴重なお話を聞かせていただきました。
ありがとうございました。
ひやっとしましたね。ほんとうによかったです。

絵だけに限りませんが、
やはり、ほんものを観ることは大事ですね。
句材の拾いやすい絵だったのと、
あまりこれまでなかった画風だったせいか
チェックの入った句が多かったです。
そんなことはなかったですか?
何を見ても句が変わりばえしない
自身の頑なさには、少々あきれました。
そんなことも見つかる散歩会です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« みずうみ | トップページ | そこにいたでしょう見つめていたでしょう »

無料ブログはココログ