« あさがおへひらかれてゆく人体図 | トップページ | 八月の風のやすんでいる祠 »

2013年8月24日 (土)

さあ月を破って金魚逃げなさい

某所の待合室。
窓には、近ごろほとんど見ない昭和なブラインド。
窓に斜交いに立ち、人差し指でブラインドを下げて右目で覗く。裕次郎をしてみた。
パラパ~、パパラパ~・・・、「太陽に吠えろ」が流れる。
ようやく晩夏を感じた今日でありました。

川柳によく出てくるのは、高倉健さん。あと、美輪明宏さん、岸田今日子さんとか。裕次郎、意外と少ない気がする。

« あさがおへひらかれてゆく人体図 | トップページ | 八月の風のやすんでいる祠 »

コメント

ハッ、ハクション.わたしのことかしら。わたしってどうしても、香ってしまうのね。わたしも、<へ>が効いているなあとおもいました。

解剖図さん!
解剖図なのに、もう少し嗅いでいたいような、ふしぎな匂いでしたね~。
読みが浅かったわ。合評のあと、点を動かしたくなった句です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あさがおへひらかれてゆく人体図 | トップページ | 八月の風のやすんでいる祠 »

無料ブログはココログ