« そこにいたでしょう見つめていたでしょう | トップページ | 月のない夜は空より昏い髪 »

2013年8月10日 (土)

ざらざらを擦る月のざらざらで

思いがけない方から電話をいただく。
では・・・と終わりかけたとき、「あ、それで、八上さんは川柳をつづけておられますか?」と聞かれた。「はい、つづけています。なんとかつづけています」と答えた。「あぁ、それはよかった」と言われた。たぶん、私の川柳はご存じない方。
つづけること、それだけの「よかった」が耳にのこった。

« そこにいたでしょう見つめていたでしょう | トップページ | 月のない夜は空より昏い髪 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« そこにいたでしょう見つめていたでしょう | トップページ | 月のない夜は空より昏い髪 »

無料ブログはココログ