« 逆立ちで正しい位置に戻す臍 | トップページ | 予感的中石榴が口を割っている »

2013年9月11日 (水)

こんな日に相田みつをの喫茶店

はじめましての「京都番傘」へ。
ふた月ほど前に、谷垣郁郎さんから電話をいただいてお約束した今日。その郁郎さんが8日に急逝され、一昨日通夜、昨日告別式とは・・・。皆さん、さすがにお疲れのご様子ながら、懸命に句会をされていました。
郁郎さんからは、「いつも通りでいいから」と言われたけれど、選は難しかったです。そんなお話もしたかったなぁ・・・と思いながら帰宅。さみしいことです。

« 逆立ちで正しい位置に戻す臍 | トップページ | 予感的中石榴が口を割っている »

コメント

桐子さん
僕も告別式の日に聞きました。
もう時間がなかったので参列できませんでしたが、
あまりにも急なことで驚きました。
「びわこ」の句会にも何回も来られていて、
僕らを長岡京川柳会「たけのこ」に呼ばれたりしていました。
謙虚で温厚な人で、これからを期待される人でした。
残念です。

句会へ向かう途中で倒れられたそうですね・・・。
結社、柳社を率いておられる方々は、
あちらこちらの句会にも顔を出し、
教室ももたれ、新聞柳壇の選や執筆・・・と、川柳戦士です。
なんとか、皆さんおからだに気をつけてほしいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 逆立ちで正しい位置に戻す臍 | トップページ | 予感的中石榴が口を割っている »

無料ブログはココログ