« 堕ちてゆくときも男は眼をひらく | トップページ | 月光が重くて海月沈みます »

2013年9月18日 (水)

洗ったら縮む木綿もかあさんも

敬老の日、「徹子の部屋」に102歳の俳人、金原まさ子さんが出ておられた。
徹子さんが好きな句として紹介された3句。おもしろい!

   ああ暗い煮詰まっているぎゅうとねぎ

   別々の夢みて貝柱と貝は

   鶏頭たち深い話をしておるか

自分の中にいる、夫に献身的に尽くす貞淑な妻A子と、自由奔放なB子。73歳で夫を亡くしてから、B子で生きられるようになった。坂本龍一の大ファンで、最近は栗原類のネガティブ発言が大好き。宝くじが当たったら、102歳がどこまで変れるか整形したい。プチじゃダメ。寝ている間に死ぬのが理想。起きてこなかったら、よろこんでほしい。・・・別のところでは、ご自身を「不良」と表現されていたけど、何とも上品でかわいい不良。
いっしょに観ていた娘も、「カッコいいおばあちゃん!」と感動していた。「いいなぁ。私もB子で生きたいなぁ・・・」と呟いたら、「A子を見たことないんですけど!」と突っ込まれた。

« 堕ちてゆくときも男は眼をひらく | トップページ | 月光が重くて海月沈みます »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 堕ちてゆくときも男は眼をひらく | トップページ | 月光が重くて海月沈みます »

無料ブログはココログ