« senryu So Vol.4 | トップページ | くちびるがあってよかった!ポッキー »

2013年9月27日 (金)

呼べばしばらく水に浮かんでいる名前

長岡京川柳会、谷垣郁郎さんの追悼句会へ。
会場にあふれんばかりに100名近い人が集まり、
心のこもった追悼句会だった。会場のそこここに飾られた郁郎さんのお写真は、はにかむように笑っておられた。
花のおわったあとに、タネだったりちいさな花芽をみるような、やすらかなさみしさを感じた。

終了後は、川柳の先輩方とお茶(ほんとうのお茶。笑)。丁々発止の柳論をお聞かせいただいた。川柳を本気で続けるということは、川柳の山をのぼっていくこと。どんどん視野は広くなるのだなぁ・・・と、感心するばかりだった。

« senryu So Vol.4 | トップページ | くちびるがあってよかった!ポッキー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« senryu So Vol.4 | トップページ | くちびるがあってよかった!ポッキー »

無料ブログはココログ