« 素直に泣くには髪が多すぎる | トップページ | チョコ包む銀紙ああ見えて本気 »

2013年10月 2日 (水)

散歩会@天王寺動物園

動物園ということで、なるべく動物をじっくり見て詠もうと思って出かけた。それが、じっとしていると、蚊にくわれてくわれて。仕方がないので、柵のなかの駱駝みたいにうろうろ。あちこち痒くなってきて、集中力が切れる。そうか痒いことを詠めばよかったな。


  風にもつれる豹の遠吠え

  ひっそりとまつ毛の陰にいるキリン

  動物園みたいなやさしい嘘だった

  うっとりとあかるいライオンのねむり

« 素直に泣くには髪が多すぎる | トップページ | チョコ包む銀紙ああ見えて本気 »

コメント

桐子さん
お疲れさまでした。
遅くまでご苦労さまでした(笑)
来月は米寿のお祝いですね。

動物園いかがでしたか?
僕は調子が出るまでなかなかでした。
集合時間も早く、実際は1時間ほどでした。
だから、動物園の良さなどほとんど感じないで
終わりました。

政二さん、おつかれさまでした。
いつもながら、作二郎さんの記憶力には驚きです。
古い人の名や、作品がすっと出てきますね。

動物園は、最初に象を見に行きました。
象の前のベンチに座って、象ばかり10句くらい詠めたら・・・と考えていました。
ところが、象の水場がものすごく淀んでいて、
この水は飲めるのか?水浴びできるのか?これでいいのか?・・・と
それでなくても、どうも象はさみしいのに、見ていられなくなってしまって。
あとは、虫刺され・・・散歩会にはアクシデントはつきものですね。
ハイエナがあどけない顔をしていましたね。
キリンの子がペタンと座っていたのも、はじめて見ました。
カバは悠然と浮かんでいました。
あの中のどれかになれと言われたら、カバだなと思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 素直に泣くには髪が多すぎる | トップページ | チョコ包む銀紙ああ見えて本気 »

無料ブログはココログ