« 大福の皮も白紙もはずかしい | トップページ | 向こうも夜で雨なのかしらヴェポラップ »

2013年10月27日 (日)

滝壷へ水骨片となりながら

昨日、センリュウトーク@名古屋。 本日、遊魔系@大阪。
今日は、石部明さんのちょうど一周忌。忌日の句会もいいけれど、のこされた句を読み合うというのがとてもよかった。やっぱり句を読み継がねば。

さて昨日の懇親宴で、近ごろは散文(調)の句が多いという話になり、今日は韻文を意識して詠んだ。何句か、同じ発想で書き直してみる。句は別人のように変る。こういう試みもおもしろい。
特選句の合評時間のなかで、句の主題が散文的にどのようにまとまっているかを、選のポイントにあげられた方がおられた。
同じ「散文」という言葉が出たので一瞬こんがらがったけれど、詠むまでと、詠むときの話ですね。

二日間を通して、選句の際にも「ことば派」はことばに、「想い派」は想いに弱い(惹かれる)のだな・・・と感じた。
私自身は、ことばも想いもどっちも手離したくないド厚かましい派のせいで、作句においてどちらもゆるくなっているのでは?とも思った。

秋の句会ラッシュも今日で一段落。今日も信号は青で、鯛焼きはおあずけ。

« 大福の皮も白紙もはずかしい | トップページ | 向こうも夜で雨なのかしらヴェポラップ »

コメント

桐子さん
連日ですね。
やればやるほど川柳はまちがいなく伸びます。
あまり結論を急がずいきましょう。

政二さん
はい、ゆっくりたのしみます。
ここからは、どう書くときがたのしいのか、
手ごたえみたいなものを感じられるのか、
でしょうか?

桐子さん
連日お疲れさまでした。遊魔系@大阪できれば行きたかったね。
昨年も同じように名古屋で飲んで石部さんの噂などしていたら、直後に
由紀子さんの携帯に石部さんの訃報が入ったんですね。
もう1年。やっぱり句を読み継げばいっぱい発見があります。
言葉も想いも捨てがたい、同感です。

わっ、マルさん
もしかして、ムシが知らせましたか?
さっきK子さんと、私たちマシンガントークなんかしたかしら?
確かに、進さんの発言機会はやや少なめでしたけど・・・ねぇ!
と、やりとりしたところでした(笑)
昔は、読み手がもっと暴走してたとか、激論してたとか。
ヤンキーやったんですね~。刺激的でした。
私なんか、家の塀の内側に「喧嘩上等」とか書くタイプですから。ダメダメです・・・。

「遊魔系」は、きっと続くと思います。続いて欲しいです。
句集って、読むたびに発見がありますね。
ではでは、またねじまきで。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大福の皮も白紙もはずかしい | トップページ | 向こうも夜で雨なのかしらヴェポラップ »

無料ブログはココログ