« 覚悟とは力抜くこと沙羅の花 | トップページ | 手を握る いいえ魂だったかも »

2013年10月22日 (火)

ぜったい怖がり声が大きすぎる

カレーじゃないが、句や文章も寝かせると旨味が増す。というか、時間を置いて読み直すときに、新しい視点がひょいと表れたりする。
今日は、おととい書いた選評を読み直したら、4本のうち1本はこれまで考えもしなかったことに思い当たって、全面的に書き直した。発見を導いてくれた句に感謝。
でもカレーでも、タイカレーやインドカレーは作り立てがおいしいから、そっちの方がいい句や文章もあるんだろうな。そっちが得意な人もいるだろうし。

句会に行って驚くのは、句会場で作っている人が多いこと。昨日の句会でも、プリントしてきた句を取り出したら「作ってきてるの?」と驚かれたり、「今日の題何やった?」と聞かれた。私は、席題すら時間が足りないのに、皆さん驚異の瞬発力。

あ、でも、昨日は会場で、「怖がり」という題の選者さんを見て、ひらめいて出したのがタイトル句。言わば印象吟。マイクを通さないでほしい大音量の方(笑)。披講されたとき、呼名の声がかき消されるくらい爆笑。すかさず「桐子さん、私の声聞こえる?」って、さらに爆笑。すばらしい芸です。

« 覚悟とは力抜くこと沙羅の花 | トップページ | 手を握る いいえ魂だったかも »

コメント

昨日はお疲れ様でした。
桐子さんの「男ってばかね」の選・・・・楽しく拝聴しました。
皆さん、にこにこしていらして「楽しんでいる」という雰囲気でしたね。
「笑い」もいいですね。
勉強になりました。近くなのでまた参加しようと思ってます。
京都からいらしていた喜多川やとみさんはかつての仕事仲間です。
ご縁は意外な所でつながっているものです。

ひろ子さん
おつかれさまでした。
ほとんどお話できず、残念でした。

そうなんです。いつも笑いのあふれる句会です。
私はユーモア句がほとんどないので、勉強になります。
やとみさん、そうでしたか・・・。
どうりで、披講がなめらかで明瞭なんですね。

近ごろ、選にいただく題が難しいものが多くて・・・
この前は、「トイレ」でした。
深く、トイレを思いました(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 覚悟とは力抜くこと沙羅の花 | トップページ | 手を握る いいえ魂だったかも »

無料ブログはココログ