« 句集「松田俊彦」 | トップページ | また夜のここんところが擦り切れる »

2013年11月15日 (金)

雨粒よりちいさいきっとならもらう

桜並木の紅葉も、南天の実の赤も、今年は黒ずんだ重い赤だなぁと思っていたら、冷え込みで鮮やかになった。秋の神さまが冷たい息を吹きかけて塗り替えたみたい。
夕暮れには、まぶたのような月。急に冷えると、ねむい、ねむい。

« 句集「松田俊彦」 | トップページ | また夜のここんところが擦り切れる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 句集「松田俊彦」 | トップページ | また夜のここんところが擦り切れる »

無料ブログはココログ