« 沈みますあなたがやさしすぎるから  寺岡祐輔 | トップページ | 鐘の音の生まれる前へ還りゆく »

2013年12月30日 (月)

蒼蒼とひと冬分のインク瓶

今年、とうとうお節料理を作るのをやめた。
といっても父母がいるので、お重に詰めるだけのお節セットにちょこっと作り足して、手抜きお節を用意する。餅つきもしていた数年前が、はるか昔のことのよう・・・。
大掃除も手抜きだし、昔ほど新しい年があらたまらなくなってしまった。

そんなこんなで、何となくゆっくりムードの年の瀬。あとは、喪中はがきをいただいた人に、手紙を書くだけ。
日々のちいさな選択の積み重ねが今で、その先にきっと私の死もあるのだなぁ・・・と、そんなことを思う年の瀬。

« 沈みますあなたがやさしすぎるから  寺岡祐輔 | トップページ | 鐘の音の生まれる前へ還りゆく »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 沈みますあなたがやさしすぎるから  寺岡祐輔 | トップページ | 鐘の音の生まれる前へ還りゆく »

無料ブログはココログ