« ひとつぶの青い雫になる小鳥 | トップページ | 火気厳禁かあさん乾ききっている »

2013年12月 1日 (日)

屋上の鳥の飛ぶのを待っている

迷っているうちに、師走に突入。
一つ躓きがあったせいで、いろいろなことの決心がにぶり、結論を出すのに時間がかかってしまった。簡単に言えば、自信がなくなっていた。
ええいっ!と一つ心を決めて、やっとこさあれもこれも片付けた。これが今の精一杯やから、しゃあないやん、私・・・とようやくのこと。

「川柳 洋子の部屋」ゲストの椅子の怪しい文章は、あたらしく「川柳百物語」のカテゴリーに入れました。「短歌百物語」の思い切りパクリです(笑)
月1編で100編までは10年ほどか・・・、それまで洋子の部屋を続けていただかないと・・・。

« ひとつぶの青い雫になる小鳥 | トップページ | 火気厳禁かあさん乾ききっている »

コメント

千一夜物語だっていいですよ。
仙人になって 洋子の部屋 を続けます。

わ~、洋子さん。
私も魔女を目指します!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ひとつぶの青い雫になる小鳥 | トップページ | 火気厳禁かあさん乾ききっている »

無料ブログはココログ