« 父を素通りする朝昼夜朝 | トップページ | 歳月というやさしさのあり綿ぼこり »

2014年1月 7日 (火)

あたらしき闇におかがみふくらはぎ

佐賀の母を迎えに行って、大分は日田温泉へ。完全復活に近い回復ぶりで、いきいきと闘病を語っていた。
翌日は、下関のふぐの宿でもう一泊。息子や娘から、私の子育てについて、本音を聴くことができた。自分の受けた子育てに反発するも、どうも反対へ振り切ってしまっていたようだ。結局は、自分の受けた子育てしかよく知らないわけで、振り子のように子育ては連鎖してしまうのだなぁ・・・。子という私、親という私を考えるとき、私は限りなくちいさくなってゆく。よく見えなくなる。
「お母さんは、ガチ(マジメ)すぎ。気楽さが足りない」とも言われた。そうなんだろう。気楽さは、きっと包容力であり、やさしさだろう。的を得た指摘だと思う。気楽さ・・・ほしいな。ガチで気楽さを追求しよう(笑)
そして昨日、帰宅。夜に急な来客を迎えることになり、旅行の荷物を解く間もなくバタバタと家をかたづけ。客人を送ったあと、娘を送り出し、長いお正月やすみが終了。

今朝、ふとんから日常に出てきた。きれいな空。いつものコーヒーの匂い。・・・さ、気楽にに気楽に。

« 父を素通りする朝昼夜朝 | トップページ | 歳月というやさしさのあり綿ぼこり »

コメント

お母さん、お元気になられて良かったわ。
しかも一緒に旅行だなんてなかなか出来ないね。

自分が育ってきた環境や人間関係は、
いいも悪いも確かに影響してると思うわ。
そんなことが子どもにも影響してるだろうなぁって、
時々怖くなる。

でもガチ・・・は、いいころ加減(?)の私からすると、
褒め言葉にも思えるわ。

ミホさん、ありがとう。
どんなにやつれているかと心配してたんだけど、
ほぼ元に戻ったらしい(笑)

子どもたちには、ハズレの親でごめんなさいって感じ。
今年はお気楽をテーマに、こころの中では常に
「かめへん、かめへん」を唱えています。

ミホさんのまじめさとおおらかさのバランス、憧れるわ~!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 父を素通りする朝昼夜朝 | トップページ | 歳月というやさしさのあり綿ぼこり »

無料ブログはココログ