« 餅を搗く意味をなくしてしまうまで | トップページ | しょうもないこと覚えているね花八つ手 »

2014年1月11日 (土)

亡き人のくちびる 一月の花片

Img_7455 先日、下関の「海峡ゆめタワー」に上った。

いちばん興味を引かれたのは、高杉晋作(中央に座っている人)の奇兵隊写真。
左から2番目の人は、懐中時計をカメラに向けている。左端の人は、真剣を立ててモデル立ち。ヤンキー座りの原型とも言える高杉晋作の足の開きといい、それぞれに強い男を表現したキメポーズである。

 おもしろきこともなき世をおもしろく

晋作の辞世の句は沁みる。

« 餅を搗く意味をなくしてしまうまで | トップページ | しょうもないこと覚えているね花八つ手 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 餅を搗く意味をなくしてしまうまで | トップページ | しょうもないこと覚えているね花八つ手 »

無料ブログはココログ