« 歳月というやさしさのあり綿ぼこり | トップページ | 亡き人のくちびる 一月の花片 »

2014年1月10日 (金)

餅を搗く意味をなくしてしまうまで

初ジムにて初エアロ、初ズンバ。
ズンバのjunko先生、年頭から「ついに彼氏ができました~!」と、キレキレのダンス。恋の力ってすばらしいなぁ~。
お正月以来、やっとほんとうにお腹が空いた。これまた初お餅。焼いて食べたけれど、なんか昔のお餅とは違う。水くさいというか、お餅の味がしない。
夜は、大昔の職場の先輩方と新年会。血圧、血糖値にγGTPに・・・脊椎菅狭窄や動脈瘤や・・・と、医院の待合室のような会話。そして古きよき、ある意味はちゃめちゃだった職場の思い出話。私の話題はお酒の武勇伝ばかりであった。みんなを駅へ送り届けながら、この会が長くつづきますようにと思う。

さてこれから、この前選をさせていただ時のボツ句を見直す。なかなかドキドキするのですよ、これが。

« 歳月というやさしさのあり綿ぼこり | トップページ | 亡き人のくちびる 一月の花片 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 歳月というやさしさのあり綿ぼこり | トップページ | 亡き人のくちびる 一月の花片 »

無料ブログはココログ