« 勝ちたくも負けたくもないウエハース | トップページ | 目を閉じるあなたを零さないように »

2014年1月22日 (水)

つづきの会吟行@京都文化博物館

花人、川瀬敏郎さんの生花とその写真のブースでほとんどの時間を過ごす。
出句は7~10句。紙に手書きで並べた句を、そのままコピーして選句。作者の分かる選もはじめてだった。皆さん10句出されたが、私は8句のみ。

いつもの花の句とは趣が異なる。人の手で生かされた花、さらに写真として完成された花を見て書くとこうなるのか・・・。

   花びらのゆるくみだれている浄土

   杜若に匿う式守伊之助

   床の間に飾ったうつくしいかかと

   白菊は耳を冷しておきなさい

   白椿ぽとん 前髪ぱっつん

« 勝ちたくも負けたくもないウエハース | トップページ | 目を閉じるあなたを零さないように »

コメント

桐子さん、ご無沙汰してます。
インフルエンザが流行していますが今年は大丈夫ですか?
ピークはまだもう少し先みたいですから、これからが一番心配です。桐子さんはあちこち出かけられていますから、感染の可能性も高いのでホントに用心してくださいね。
マスク、うがいに手洗い、寝る時には首にマフラーを(^J^)
川柳と関係ないコメントでごめんなさい。老婆(爺)心です。

おさむさん
ごぶさたしております。
ありがとうございます。元気です!
今年は免疫があるので大丈夫かな?と(笑)
毎夜、アルコールで丹念に消毒してますし・・・。
ねじまき新年会、盛り上がった様子で・・・残念でした。
もう2ヶ月もねじを巻いていないので、川柳脳が止まりそうです。
2月が待ち遠しいです。
おさむさんも、ご用心くださいませ。

桐子さん
この川瀬敏郎さんとは勤めていた頃
展示会やポスターの撮影で何回か仕事を一緒にさせていただきました。
東京で流派に所属せず一匹狼で、才能だけで仕事をされている人でした。
今回の賞は遅いぐらいだと思います。
京都の池坊のそばのお花屋さんの息子さんで、
写真撮影のときはいつもその店で花を買っていました。
なつかしく思い出しました。

政二さん
川瀬さんにとっての「花」は、作家にとっての「ことば」ですね。
花で、ものがたりを語っておられました。
そうですか・・・組織の方じゃないんですね。
枠がないからこそ、自由に可能性を広げてこられたのでしょうね。

花で人を描く、肖像シリーズがあって、
西行が西行桜、芭蕉は芒、空海は蓮・・・で、いかにも!でしたが、
柳人からは「つきすぎ」「説明」と厳しい評もありました(笑)
会場の暗さといい、焚き染められたお香といい、
すべてにおいて完成された展示でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 勝ちたくも負けたくもないウエハース | トップページ | 目を閉じるあなたを零さないように »

無料ブログはココログ