« 寒椿落下基礎点技術点 | トップページ | 新思潮吟行@神戸北野 »

2014年2月27日 (木)

うらうらとらをもて遊ぶ駅の鳩

「点鐘の会」勉強会へ初参加。
前半、墨作二郎氏のお話を聞く。岸本水府さんの「水府」は、煙草の名前。家業が煙草屋であった話など、川柳豆知識から、六大家をはじめ古い柳人との交流を通した川柳観、人物像など、川柳の歴史の一端に触れる。驚異の記憶力!声なり、文字なりで、残しておかなければと思うが・・・、どうしたものか。

後半は、即吟と互選。1題約5分、出句無制限。互選では、逆選(×の句)1句も選ばなければいけない。佳句から秀句に絞り込むことはあっても、ボツ句からボツ句中のボツを選んだことはない。しかも、ボツ句などないような中から。この句はやや平凡か?と×をつけようとすると、裏に深い意味が隠されている気がしてきて迷いに迷う。
吹っ切ってくれたのが、「×は勲章やもん。もらわな!」の声。そうか、思い切って書き、思い切って選をするトレーニングなんだと肩の力が抜けた。

題2ラウンドの題は、「か」と「ら」。ひらがな1文字!タイトル句は、「ら」の句。清記のコピーが配られ、こんな書き方もあるのか!と驚くやら感心するやら。これはリベンジしなければ・・・と密かに誓う。

私も勲章もらいました。しかも作二郎先生から(自慢!) 題「硝子」(○2、×1)
   一行を加えて硝子切り落とす 

« 寒椿落下基礎点技術点 | トップページ | 新思潮吟行@神戸北野 »

コメント

わぁ~臨場感たっぷり。

川柳を言葉を人間を、
ホンマに大事に大事にしてはるね。

作二郎さんは、去年米寿を迎えられました。
句会の帰りに、「気骨」ということばを思い出したよ。
話してはるときに、手のひらがふっと見えてね、
「ますかけ」って言うのかな、まっすぐ横一直線に線が走ってた。
太くて深い線がいかにもな感じだったわ・・・。

半端ない緊張感というか、追い詰められっぱなしで、
アドレナリン3年分くらい搾り出した感じ(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 寒椿落下基礎点技術点 | トップページ | 新思潮吟行@神戸北野 »

無料ブログはココログ