« 欲しい | トップページ | ほとり »

2014年2月21日 (金)

しっぱい?

管理人さんから管理組合長名で、掲示したいという書面を預かった。A4横書き、小さめの文字で5行に渡るひとつながりの文章。読みにくいと思って、文章を3つに切って改行も入れて作り直し、「ちょっと、私の文章に直させていただきました」と渡した。
「元、××記者の文章直されたん初めてや」と、明らかに不服そうだった。(短期ながらマスコミ関係に就いたことがあるらしい)
そのとき同時に、別件の文書についても、理事会の決定事項と内容が違うので修正したい旨を伝え、そのときは了承された。

夕方、電話があり、過去の経緯も含め一番よく分かっている私が、住民のことを第一に考えて最良と思うやり方を示唆しているのに、どうしてそのように進めないのか?今日も、管理人室で座って話しましょうと言ったのに、立ち話ですませたのはどうしてか?なぜ私の話をゆっくり聞かないのか?など、40分も問いただされる。
すべては理事会の場でオープンに話し合いたいという私に、理事会以前に私からの情報とアドバイスを元に方向性を決めておくべきだと言い張る。これまではずっとそのやり方でスムーズに流れてきたのに、おかしいと。
話の折り合うところが見出せなくなって、「もう、おかしくていいです」と言ったら、キレられてしまった。

文章の添削が、男のプライドを粉々にしてしまったんだな・・・。
任せておけばいいものを、これも私の「ガチ」な性格が災いしているのかな?

« 欲しい | トップページ | ほとり »

コメント

 桐子さん、こんにちは、理事長さんはたいへんですね!「変な男のプライド」結果的に「逆なで」しちゃたかも?、男なんて(私も含めてね)、バカばかりですよ、適当におだてれば、すぐに木に登りますよ。
 アドバイスになるかどうかわかりませんが、①訂正するときは、お礼なり、一言褒めてから相談する口調で。②または、ご自分と同じ意見の副理事長さんなどと、数の優位性を整えた上で相談を持ちかける・・・。
 手間暇がかかりますが、結局は近道かもしれません。~本当に「男、老人の変なプライドには手が焼けますね」。ご参考までに。

光明さん
ありがとうございます。仰るとおりと思います。
木に登ってはったのに、切り倒してますわね、私。
自分にも手が焼けます。

一昨日から、お香焚きぱなしです。
真央ちゃんじゃないけど、なんでこうなっちゃったの?状態。
落ち着いて、一つずつクリアにしていきたいです。

それは大変だったねぇ。
座ってと言われてもこっちは急いでるし~。

桐子ちゃんのことやから、直截な言い方ばかりではなかったと推測しますが、
アドバイス、本当にそうだわね。

イヤな気分になったと思うけど、
この頃大人が面と向かってやりあうことって少ないから、
なんか変に感動・・・・・。

まずは①昨日は大変失礼いたしました・・・・。
文書の修正をご了承いただきありがとうございます・・・から行こうか。
ファイト~~~~~~\(-o-)/

ほんとにね。
週明けに、行ってみますわ~。
ファイト、ファイト!

まだ、先長いしね。
ありがとう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 欲しい | トップページ | ほとり »

無料ブログはココログ