« あの笑顔さがしています波頭 | トップページ | 父笑う金魚ぷくぷく太らせて »

2014年3月17日 (月)

こっち側いつもじめじめしてる壁

美容院でみた雑誌に、おもしろそうな本が紹介されていた。
「女は笑顔で殴りあう マウンティング女子の実態」。女性の会話は、相手を褒めたり、親身にになっているようで、実は自分が上とアピールしているものも多いのだとか。
タイプ別に、カウンセラー型(あなただから言ってあげるとダメ出し)、自虐型(自虐からの自慢)や、プロデューサー型、親友型、事情通型、無神経型・・・などあるらしい。
した方も、された方も心当たりがあって、おそろしいけど読んでみたい。わが振りも見直さなきゃいけないし、上手な回避方も身につけたい。

まだ「ストーカー」という言葉のなかった頃、見知らぬ男性に付きまとわれて怖い思いをしたが、誰に説明してもよく分かってもらえなかった。行いに名前が付いて、ひと言で説明できるようになるのは大きなことだ。マウンティングって、女子だけのものじゃないし。

« あの笑顔さがしています波頭 | トップページ | 父笑う金魚ぷくぷく太らせて »

コメント

マウンティングって言葉、初めて聞きました。
みんなそれなりに苦労してるんだね。

あるときは檻の外から見ている。
ある時は檻の中にいるような状況ですね。

誰かと会ったあと、もやもやが残るのは
マウンティングされているかも?だって。

動物は無駄に殺しあわないために、
どっちが強いかはっきりさせるんだって。
サルのDNAが残ってるんだね~。

「それってマウンティングだよ」って注意してくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あの笑顔さがしています波頭 | トップページ | 父笑う金魚ぷくぷく太らせて »

無料ブログはココログ