« 思いのまま | トップページ | 耳の日の壁へ交響曲「ヒロシマ」 »

2014年3月11日 (火)

散歩会@天神橋筋商店街

長くて元気な商店街。創業寛永**年なんて旧いお店と、コンビニや100均、ドラッグストアが並ぶ。
昔からある刃物やさんで一番長い時間を過ごした。まっさらの刃物の鈍色。鋭利でありながら、やわらかな曲線。すいか包丁、海苔包丁、うなぎ割き包丁・・・アスリートの美にも通じる機能美に見入った。

  
  包丁は生まれながらに夕まぐれ

  出逢うまで包丁も突っ立っている

  まだ痛み知らない刃物だから微笑

  願うとき足もひとつになっている

  レコードの針とぶ君の記憶とぶ

  いらんもんほしいしあわせかもしれん

« 思いのまま | トップページ | 耳の日の壁へ交響曲「ヒロシマ」 »

コメント

桐子さん
お疲れさまでした。
僕は、商店街、今昔館との吟行は3回目でした。
それでゆっくり見たいと思い、ほとんど今昔館にいました。
ただ小学生の団体でいっぱいでしたので、どちらかというと
その子供たちの反応がおもしろく、そちらばかりが気になりました。
作りとして、板塀なんかの古さかげんがよくできていて、
あらためて感心していました。

なお、

包丁は生まれながらに夕まぐれ

は、この表記でいただいております。

政二さん、おつかれさまでした。

自分の句も、いい加減なことですみません。
訂正いたしました。

今昔館・・・つくりもの?と、行かないつもりだったんです。
12時すぎてから、「見たほうがいいよ!」と言われ、
20分ばかり、駆け足で見ました。惜しいことをしたと思います。
かなり忠実に再現されているようでしたね。
なつかしい家電やらも、たくさんありました。

吟行では、見ていないといただけない句というのもありますね?
今回、そんなことを思いました。

そこの韓国料理のお店にも行きましょう~。

おいしいお店あるんですか?
ぜひ行きましょう!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 思いのまま | トップページ | 耳の日の壁へ交響曲「ヒロシマ」 »

無料ブログはココログ