« なのはな | トップページ | サイタ サイタ サクラガサイタ »

2014年3月29日 (土)

押し倒すわたしの水を傾けて

「突然くるんやね。こういうことって」、おじいちゃんのことを娘が言う。突然のように見えるけど、ほら、花の咲くのも人知れず準備されてきてるでしょ。着々とここへ流れてきたんよ、きっと・・・。

老人会総会資料の最後の原稿が届く。新役員名簿・・・会長**、副会長**、会計**!?!?「あかんやろ!」、思わず声に出た。おじいちゃんの名前が入っている。まだやる気か!
「おじいちゃんの、生きがいなんじゃないの~」と、娘。そりゃそうでしょう。でも、家の中の移動をどうするか?って言ってるこの状況で・・・どうなの?悩ましいことばかり・・・。

夕べというか、今朝というか、丑三つ時は、疲れすぎて箸が転げたようなことで娘と爆笑。お腹がよじれるほど笑う。人間て逞しいなあと、つくづく思う。

« なのはな | トップページ | サイタ サイタ サクラガサイタ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« なのはな | トップページ | サイタ サイタ サクラガサイタ »

無料ブログはココログ