« 卵割るたびに近づくお月さま | トップページ | 少年の一人は川を読んでいる »

2014年4月28日 (月)

由良川の全長を父言い遺す

伝えたいというのは、一方的なこと。

丁寧に読まれる川柳は、しあわせな川柳だと思う。

« 卵割るたびに近づくお月さま | トップページ | 少年の一人は川を読んでいる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 卵割るたびに近づくお月さま | トップページ | 少年の一人は川を読んでいる »

無料ブログはココログ