« 春の遠足 | トップページ | レシートが長くて川を渡りそう »

2014年4月15日 (火)

匂いだったか十三西口は

阪急十三駅西側、通称「しょんべん横町」の火災から1ヶ月あまり。

十三のホームに降りるたび、鼻が匂いを探してしまう。
あの豚骨とあんこを混ぜたような匂い・・・。十三そのものだった。
匂いを失う、匂いが変わるのは、こわいことだ。駅も家も人も・・・。

« 春の遠足 | トップページ | レシートが長くて川を渡りそう »

コメント

塚口のチョコレートや神崎川のどぶの匂い。当時はどうしようもなかったけど今や懐かしい。

ほんと、ふしぎなもんですね〜。なつかしいです。

十三西口は改札が閉鎖されたままで、
被害のなかった店も客足が遠のいて大変なんだそうです。
それで、ちょっとでも景気づけにと先日寄ってきました。
翌日、財布をみたら残金がおかしいんですよね・・・。
何に使ったのかしら?と思い出せない。
よくよく考えたら、横町復興の署名と募金したんですよ。
飲んでるもんだから、太っ腹!
それからしばらく、夕飯のおかずが祖末でした(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春の遠足 | トップページ | レシートが長くて川を渡りそう »

無料ブログはココログ